一人暮らしの親を持つ人達に親の孤独死についてどう考えているのか、具体的にどんな防止対策をしているのかアンケート調査しました。

65歳以上の高齢者の親をもつ20〜50代の人に、親の孤独死についてアンケートを行いました。

※プレスリリース内容を引用する場合、以下の対応をお願いします。
・引用元が「株式会社TRUSTCORP調査」である旨の記載
・「株式会社TRUSTCORP」の該当記事(https://trustcorpkk.co.jp/archives/196 )へのリンク設置
・株式会社TRUST・CORP( https://trustcorpkk.co.jp/ )へのリンク設置


・アンケートの調査対象
対象者:23〜59歳の社会人
人数:282人(男性83人、女性199人)

Q. 親の性別を教えて下さい。

男性:81人
女性:201人

Q. 親の年齢を教えて下さい。

年齢幅は65〜94歳。
平均年齢:74.2歳

Q. 親と会うためにかかる時間を教えて下さい。

15分以内:12.1%
30分 :17.7%
1時間 :24.8%
2時間 :17.4%
3時間 :10.3%
5時間 :12.8%
7時間 :3.2%
10時間以上:1.8%

8割以上は、親と会うための移動時間が片道3時間以内のところに住んでいました。

Q. 親との連絡頻度を教えて下さい。

毎日    :17.0%
2〜3日に1回:19.9%
1週間に1回 :20.9%
2週間に1回 :14.5%
1ヶ月に1回 :13.1%
2ヶ月に1回 :3.9%
半年に1回 :5.3%
ほとんどなし:5.3%

85%以上は、1ヶ月に1回以上の頻度で、親と連絡を取っていました。

Q. 親の死を意識したことはありますか?

はい :85.5%
いいえ:14.5%

Q. 親の孤独死について考えたことはありますか?

はい :68.8%
いいえ:31.2%


◯「はい」を選んだ人の意見
<46歳女性>
二年前の冬に隣で暮らしていた82歳の男性が孤独死をし、二日間も発見されなかった悲しい現実を知っているからです。そして父親は八年前に脳梗塞を起こして、現在も右半身が若干不自由なので心配です。

<53歳女性>
誰もいない間に倒れたら可哀想なので一緒に住もうと言っても自分の家が良いと言い切ります。孤独死だけは嫌なので頻繁に行くように心がけているのと、見守りカメラを置いています。母は訪問サービスなどで人と関わるのを嫌がるのでそういうサービスは利用できません。

<43歳男性>
今は元気ですが、コロナ禍になってから会えていないので考えるようになりました。

◯「いいえ」を選んだ人の意見
<44歳男性>
大きな持病もなく、今の所元気に買い物や外出をしているので、心配していません。

<51歳女性>
親は近所付き合いが出来ているので、突然死の場合を除けば、孤独死や放置されることは無いと思っています。

<31歳女性>
近くに兄弟や親戚がたくさん住んでいるためです。ご近所の方とも毎日のようにあいさつをかわしたり、交流したりしているので孤独死になることは考えられません。


Q. 親の孤独死の対策を何かしていますか?

はい :58.9%
いいえ:41.1%

Q. 親の孤独死対策として以下で取り組んでいることを教えて下さい。

※複数選択可の質問です。

日常的に自分から連絡している:58.9%
定期的に自分で訪問している :47.5%
訪問サービス利用      :9.6%
自治体のサービス利用    :5.3%
スマホの見守りアプリ    :3.2%
民間企業の見守りサービス  :1.4%
カメラの安否確認サービス  :1.4%
老人向け施設への入所    :1.4%
センサーを使った安否確認サービス:0.7%

自分から連絡したり、会いに行ったりなど、自分でできる対策に取り組んでいる人が多かったです。


親の孤独死対策に取り組んでいる人と取り組んでいない人の意見としては、以下のようなものがありました。

◯取り組んでいる人の意見
<36歳女性>
私が心配であることのほか、親本人からの要望もあり、アプリで見守りをしています。電気の利用料がリアルタイムで分かるので、2日動きがなかったら連絡を取ることになっています。

<45歳女性>
毎朝元気かどうかメールをし合うということを習慣にしています。朝「おはよう元気です」というメールが来るので、忘れていたり、連絡してこなかった日には電話をするようにしています。

<46歳男性>
若いころに頑張り、家族のために働き、母親の介護までしてきた立派な父親なので最後は看取ってあげたいと思っています。

<29歳男性>
訪問サービス利用していますが、元々は孤独死対策として導入したわけではなく、住んでいた所が火事に遭い、自分達では身の回りの事を面倒をみきれず、仕方無く導入しました。導入してからはサービス内容への満足感が想像以上に良かったので、そのまま今に至っておます。結果として、孤独死対策としてのニュアンスも含んでいる形です。

◯取り組んでいない人の意見
<47歳女性>
本人の性格上、たとえ自分の子どもであっても人からの干渉を好まないからです。今はまだ元気なので、親の意思を尊重しています。

<42歳女性>
親が携帯を持つのを嫌がり一切持とうとせず、インターネット環境もないところにいます。使い方が分からないからと新しいものに拒否反応を示すので取り組んでいません。

<46歳男性>
対策を取るお金が無いです。また、親子の関係性が悪いのに、下手に親に手出し・口出しすると、また関係性がよけいにこじれるかもしれないからです。


定期的な連絡や訪問を基本的な方法としつつも、親との物理的な距離や、兄弟の有無、親との関係性が人によって異なるため、対策の取り方や対策の必要性は、人によって異なることが分かりました。


※プレスリリース内容を引用する場合、以下の対応をお願いします。

・引用元が「株式会社TRUSTCORP調査」である旨の記載
・「株式会社TRUSTCORP」の該当記事(https://trustcorpkk.co.jp/archives/196 )へのリンク設置
・株式会社TRUST・CORP( https://trustcorpkk.co.jp/ )へのリンク設置


株式会社TRUST・CORPでは、中国地方・四国地方を中心に遺品整理や特殊清掃、便利屋業、庭の樹木伐採など様々なサービスを行っています。

中国地方・四国地方に実家がある方でお困りの際は、訪問して必要な作業をお手伝いすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

■調査概要
調査時期:2022年1月25日  〜2022年1月30日  
調査方法:インターネット調査
調査対象:男女合計282人


■会社概要
会社名:株式会社TRUST・CORP
事業内容:遺品整理、特殊清掃、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷片付け、樹木伐採等
住所:〒701-0212 岡山県岡山市南区内尾457-7
電話番号:0120-538-889
受付時間:8:00〜20:00(年中無休)
※メールやLINEは24時間受付。
※事前にご予約いただければ、早朝深夜の作業も可能
会社URL:https://trustcorpkk.co.jp/

◯関連サイト
岡山県:https://ecocenter-okayama.biz/
広島県:https://ecocenter.biz/
山口県:https://ecocenter-yamaguchi.biz/
鳥取県:https://ecocenter-tottori.biz/
島根県:https://ecocenter-shimane.biz/
姫路市:https://ecocenter-himeji.biz/
兵庫県:https://ecocenter-kobe.biz/
香川県:https://ecocenter-kagawa.biz/
徳島県:https://ecocenter-tokushima.biz/
愛媛県:https://ecocenter.biz/ehime/
高知県:https://ecocenter-okayama.biz/kochi/
解体工事:https://ecokaitai.biz/


このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社TRUST・CORP