【概要】
・鳥取県教育委員会と「鳥取県立美術館整備運営事業(PFI)」の事業者である鳥取県立美術館パートナーズ株式会社(特別目的会社︓SPC)は、県立美術館開館3年前の節目を記念し、カウントダウントークイベント「ココロオドル、鳥取県立美術館のある未来」を開催します。

・本トークイベントは、開館準備期間の機運醸成に県・SPCとともに活躍されている団体をゲストに迎え、県・SPC・県民が協同し開催する初めてのカウントダウンイベントです。

・今年度はコロナ禍のなか、対面・オンラインを併用し、県内様々な文化活動団体との対話機会を持ち、県立美術館の使い方・あり方のニーズ把握と、県民と県・運営事業者の協働のあり方を探り、県立美術館のコンセプトである『県民立美術館』の実現に向けた検討を重ねてきました。

・それら対話会・出前説明会での意見、および「県立美術館で叶えたい県民の夢アンケート」の集計結果の紹介や、各団体の今年度の取組紹介に加え、「県立美術館に期待すること」をテーマにトークセッションを展開します。各団体間の交流や更なる県民参画の輪の広がりに向け、開館に向けた機運醸成を図る機会として期待しています。

【開催日時】2022年 3月 13日(日)14:00~16:00
【開催方法】ウェビナー(Zoom)※定員500人、事前申込制(先着順)
【プログラム概要】
1. 今年度の県・SPC 取組紹介

2. 参加団体の取組紹介および「県美に期待すること」表明 (順不同)
・倉吉青年会議所青年部 藤原氏
・とっとり県美応援団(県立美術館と共に歩む中部地区の集い協議会応援団部会) 佐伯氏
・県立美術館と共に歩む中部地区の集い協議会盛り上げ部会 菅埜氏
・鳥取藝住実行委員会 竹内氏
・鳥取R29フォトキャラバン実行委員会 水本氏
・鳥取県建築士会中部支部 藤原氏
・美術を楽しむ会 足立氏

3. 県⽴美術館でかなえたい県⺠の夢アンケート集計結果中間報告

4. 「⿃取県⽴美術館に期待すること」トークセッション
各団体の期待表明やアンケート報告などを話題に、登壇者やウェビナー参加者(チャットから意⾒紹介を予定)との交流も図ります。
〈登壇予定者〉
・取組紹介を⾏った団体代表者
・三浦 努 (⿃取県⽴博物館美術振興課課⻑・美術館整備局美術館整備課参事)
・⾚尾 靖枝(⿃取県⽴美術館パートナーズ・アクティオ株式会社)

【イベント詳細ページ】
https://tottori-moa.jp/news/1801/

【留意事項】
・取材ご希望の方は、午後1時45分までに、ウェビナー配信会場の倉吉交流プラザ 2階 第一研修室にて受付してください。(要事前お申込み※別添資料参照)
・新型コロナウィルス感染症感染拡大防止の観点から、参加者は必要最小限とし、取材をご希望の皆さまにおかれましては、別添資料の留意事項をご確認・取材申込のうえ、会場内には各社様2名までとしていただき、体調が優れない場合は、参加をお控え頂くよう、ご協力をお願いします。

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

鳥取県立美術館

前へ | 次へ
🗾 鳥取県