●「みんなとおひさまファンド」事業を開始します
 おひさま進歩エネルギー株式会社(代表取締役:原亮弘、本社:長野県飯田市)は、自然エネルギーによる持続可能なエネルギー社会の構築を使命とし、エネルギーの地産地消のために「市民出資」を用いて全力で取り組んで参りました。このたび、新たな事業会社(おひさま進歩9号株式会社)を作り「みんなとおひさまファンド」の事業を開始しますので、ここにお知らせいたします。この事業は9つ目のおひさまファンド太陽光発電事業になります。今回は大町4カ所に2メガの太陽光事業をはじめ、兵庫県三木市(M)、奈良県生駒市(I)、三重県伊賀市(I)、長野県飯田市と大町市(Na)、鳥取県鳥取市(To)の全国6カ所で、頭文字をとって「みんなとおひさまファンド」と名付けました。各地域の自然エネルギー市民運動を応援するファンドです。今回は特別記念の取組みとして各地域からの地場産品プレゼントを用意します。募集の取り扱いはおひさまエネルギーファンド株式会社です。

■ファンドの概要
1口10万円と50万円の2種類の契約で一般の市民より出資を募り、長野市鬼無里地域、松本地域、飯田市を中心とした南信州地域での太陽光発電事業を実施する目的のファンドです。募集総額5億円、A号1口10万円8年間、B号1口50万円19年間の契約で、目標分配利回りは2.0%(合計109,000円)、B号3.5%(合計755,000円)を予定。2015年9月7日  より募集を開始、2016年3月1日  まで募集。また、配当とは別に、今年第1号ファンドA号(2005年募集、10年契約)を計画通り償還及び配当できた記念として、地場産品プレゼント企画があります。多くの太陽光発電のファンドが走り始めた近年、償還期間満了により予定額全額分配が実施できました。
詳細 http://www.ohisama-fund.net/#!about/ccq

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

おひさまエネルギーファンド株式会社