師走に入り、今年中に何とか夫婦問題に決着をつけたいと、
離婚相談所を訪れる妻。

小さい子供を抱え、そして、今まで家事、育児のために自分のキャリア構築を犠牲にしてきたため、夫と決別し、新たな生活を始めることに不安を大きく抱える妻。

しかし、これ以上夫婦生活を送ることはできず、
問題の先送りをするよりは、もう今年中にすべて決着をつけ、
新年は新たなスタートで迎えたい。

そう思っていざ、家庭内の経済状況を考えると、
まだあと20年以上も残っている住宅ローン。

いったいどうすればいいの???

このような問題を抱え、行き詰っている妻、きっと多くいらっしゃることでしょう。

阿部行政書士事務所では、

経済不安を抱える女性からの離婚相談を中心に、
カウンセリングを実施しております。

離婚時に住宅ローンを抱えた場合は、選択肢はどのようなものがあるのか、
それら選択肢はどのように判断し選べばよいのか。

そして、住宅ローンを踏まえての夫との離婚協議内容をどのように、
残せば約束が確保されるのか?

これらと併せて、離婚のタイミング、離婚後の就職等々、

女性の弱い立場を踏まえたカウンセリングを実施しております。

■詳細案内

女性に安心の離婚相談
http://rikon-kaiketu.com/
離婚時の住宅ローン問題
http://rikon-kaiketu.com/loan/
離婚協議書についてのサポート案内
http://rikon-kaiketu.com/rikonkyougisho/

■問い合わせ
阿部行政書士事務所
問い合わせ029-857-1116



このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

阿部行政書士事務所

前へ | 次へ