12月は厚生労働省が定める「ハラスメント撲滅月間」 です。

株式会社リオーディア・ホールディングス(本社:東京都港区、代表:千名 貴志)は、
2022年12月5日(月)  に、グループ企業の株式会社話し方教育センター(代表:
千名 友貴)およびHKC人材開発パートナーズ株式会社(代表:田中 清貴)を通じ、
法人向けに「パワーハラスメントチェックアップ」を発売します。

■「パワーハラスメントチェックアップ」の概要
WEB上で50個の設問に回答することによって、
自分自身がパワーハラスメントを起こしてしまいかねない危険度が数値化されるツールです。

■パワーハラスメントの現状
パワーハラスメントは、近年、社会問題として顕在化しています。
都道府県労働局等に設置した総合労働相談コーナーに寄せられる
「いじめ・嫌がらせ」に関する相談は年々増加し、
平成24年度には相談内容の中でトップになりました。
その後も引き続き増加傾向にあり、令和3年度の相談件数は86,034件になっています。
さらに、令和4年4月1日から、職場にパワーハラスメント防止措置を義務づけた
「改正労働施策総合推進法」が施行されたこともあり、
企業におけるパワーハラスメントに対する危機意識は急速に高まっています。

■「パワーハラスメントチェックアップ」の開発背景
リオーディア・ホールディングスでは、
「ビジネスパーソンに、自分がパワーハラスメントを起こしかねない危険度を
自己点検し、自己制御に役立てていただくことで、
多くの人がより安心して働ける社会にしたい」
という思いから、この度、「パワーハラスメントチェックアップ」を開発いたしました。

■「パワーハラスメントチェックアップ」使用の流れ
<ステップ1> 
「パワーハラスメントチェックアップ」を購入した企業の社員が、
WEB上で50個の設問に回答します。

<ステップ2> 
回答はリオーディア・ホールディングスに送られます。リオーディア・ホールディングスは、
回答者一人一人の「パワーハラスメントチェックアップ診断書」を作成し、
電子ファイルで企業の担当部署にお送りします。

<ステップ3>
企業の担当部署は、「パワーハラスメントチェックアップ診断書」を回答者に渡します。
直接渡すこともできますし、ハラスメント防止研修を通じて渡すこともできます。
回答者は、「パワーハラスメントチェックアップ診断書」に表された総合点と、
7つの診断要素ごとの点数から、自分がパワーハラスメントを起こしかねない危険度を捉えます。

[7つの診断要素]
(1) 上位者としての権利意識
(2) コミュニケーション傾向
(3) ストレス対応
(4) 加害傾向
(5) 人間関係への対応
(6) 指導ぶり
(7) 環境・風土

■価格
1名あたり2,000円

■キャンペーン
12月5日から12月20日までの期間中に、キャンペーンURLから
ご応募いただいた方の中から、5団体に(1団体10名まで)、
「パワーハラスメントチェックアップ」が無料で実施できるキャンペーンをおこないます。
【キャンペーンURL】https://hkc-group.wixsite.com/powerh-cu

■会社概要・お問い合わせ先
株式会社リオーディア・ホールディングス
URL:https://www.riohdear.co.jp
設立:2018年3月  
代表取締役:千名 貴志
所在地:〒105-0004 東京都港区新橋4丁目30番6号
電話番号:(担当:池田、久松)
メール:

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社リオーディア・ホールディングス

前へ | 次へ
🗾 東京都