2022年9月13日(火)  

報道関係各位


カーボンニュートラルに「興味あり」の女性は7割。課題は「日常生活での浸透」。企業側のアプローチ必要性が明らかに | 女性トレンドレポートHERSTORY REVIEW 2022年9月  号を9/13(火)にリリース


女性視点マーケティングを行っている株式会社ハー・ストーリィ(本社:東京都港区 代表取締役 日野佳恵子)は、2022年9月13日(火)  に女性トレンドレポートHERSTORY REVIEW 2022年10月  号をリリースしました。


弊誌は女性の消費トレンドを毎月約800人の女性にアンケート、インタビュー調査し、”生の情報”に徹底的にこだわったレポートを毎月提供する会員制メディアです。

このたび発売される2022年10月  号の中から、注目のトレンドを一部ご紹介いたします。


◆ブランド支持にも影響!?カーボンニュートラル最前線

2022年10月  号の特集テーマは「カーボンニュートラル認知2割、興味関心7割 ブランド支持に影響 カーボンニュートラル」です。

カーボンニュートラルとは、温室効果ガス(二酸化炭素など)の排出量と吸収量を均衡させることを意味しています。

いま、企業でもさまざまな取り組みが進められているカーボンニュートラルですが、「興味・関心がある」と回答したのは、女性消費者たちの約7割。彼女たちは、企業の取り組みをどのように感じているか、そしてカーボンニュートラルをどのように生活の中に取り入れているかを調査しました。

約7割の女性が、カーボンニュートラルに取り組む企業・団体についても「興味関心がある」「どちらかというと興味関心がある」と回答。一方で、全体の約6割が日常生活の中で、カーボンニュートラルを意識した工夫には、「取り組んでいない」と答えています。

具体的に、どのように取り組みを行ったら良いのかわからない、生活の中で自分たちにできることは何なのかといった知識が浸透していない状況が伺えます。

企業側からカーボンニュートラルの必要性や取り組み例をWEBやSNSで発信することで消費者に伝え、働きかけることが重要。企業の信頼性・イメージ向上にも繋がると考えられます。

◯詳しくはこちら
URL: https://www.herstoryshop.jp/review202210


【10月号の注目記事を一部紹介】

●【プレ社会人層】懐かしくて新しい「たまごっちスマート」「(22P「女性10タイプ別トレンドワード HER TREND」より)

1996年11月  に初代「たまごっち」が発売されてから26年。時代とともに進化してきた「たまごっち」のブームが今、再来しています。

「鬼滅の刃」やBTSキャラクターなど、プレ社会人層にも人気のコンテンツとコラボした商品が登場し話題を集めていますが、中でも人気は、従来のストラップ型とは異なるスマートウオッチ型の「たまごっちスマート」です。

タッチ液晶とマイク搭載で、「たまごっち」の頭を撫でたり、声をかけることができます。お世話をするとなついてくれ、会話が増えれば好みを覚えることも。昔遊んでいた人は懐かしく、初めての人は新しく「たまごっち」の魅力を知ることになりそうです。

●【中堅シングル層】「進化系ヌン活」がチャレンジングな40代女性に人気(24P「女性10タイプ別トレンドワード HER TREND」より)

高級ホテルやカフェで優雅な時間を気軽に過ごせる「アフタヌーンティー」。

しかし、最近はスイーツ&ドリンクという枠組みを超えた「進化型ヌン活」が話題になっています。

進化の方向性はさまざま。ブーケ作りや浴衣着付けをプラスした体験型や、発酵×フレンチやヴィーガンスイーツが味わえるメニュー進化型。そして、アフタヌーンティーセットやスコーンセットの取り寄せ型などバラエティは豊かです。

ソロでも友人同士でも楽しめる“ランチ未満の新スタイル”として、時間とお金に余裕があり、新しいことにも積極的に取り組む中堅シングル層の女性たちの人気を集めそうです。

●【ベビなし夫婦層】「ヘッドスパ」は新たなルーティンになるか!?(27P「女性10タイプ別トレンドワード HER TREND」より)

以前は美容院のメニューのひとつだったヘッドスパ。近年は「ヘッドスパ専門店」が増加中です。

頭皮の悩みに医療面からアプローチし脳疲労も改善するメディカル系サロンや、顔のリフト
アップや上半身のコリほぐしまで対応するサロンなど、種類も豊富。自身の悩みに合わせたサロン選びができそうです。

リモートワークの増加などで、頭皮のコリに悩む女性も多いのではないでしょうか。新たな美容ルーティンの一つとなるかもしれません。


===========================================
女性消費者トレンドレポート 2022年10月  号
カーボンニュートラル認知2割、興味関心7割 ブランド支持に影響 カーボンニュートラル
===========================================

本商品は、以下3点がセットになった商品です。

1.HERSTORY REVIEW vol.63(PDF)
2.女性トレンド解説動画
3.女性アンケート調査結果(PDF)

▼本商品のお申し込みはこちら

単体購入: 5,000円(税込)
年間購読:54,000円(税込)/年
https://www.herstoryshop.jp/review-list

<目次>
【10月のキーワード】
カーボンニュートラル認知2割、興味関心7割
ブランド支持に影響 カーボンニュートラル

【事例取材】
CASE1 エースホーム株式会社
省エネかつ室内快適。住宅版カーボンニュートラルの最先端 
「エースホーム」

CASE 2 アミー株式会社
自然由来の素材でCO₂削減を目指す。布おりものシート・布ナプキン 
「アミーライナー」

【女性視点マーケティング最前線 Marke-Jinに聞く VOL.47】
毎月70万人以上が購入!「ユーグレナ」がサステナブルな未来をつくる
株式会社ユーグレナ 広報宣伝部 部長
北見裕介

【女性消費者動向】
カーボンニュートラル・脱炭素に興味がある約7割
消費者への知識・情報提供で利用者層の拡大を目指そう!

【オンラインインタビュー】

【10月キーワードと考察】

【女性10タイプ別トレンドワード HER TREND】
(1) プレ社会人層 (青年期 15~24歳)
(2) 若手シングル層 (壮年期 25~39歳)
(3) 中堅シングル層 (中年期 40~49歳)
(4) ベテランシングル層 (高年期 50~64歳)
(5) ベビ待ち夫婦層(壮年期~中年期 25~49歳)
(6) ベビなし夫婦層(壮年期~高年期 30~64歳)
(7) 乳・幼児期ママ層 (壮年期~中年期 25~44歳)
(8) 児童・思春期ママ層(壮年期~高年期 35~54歳)
(9) 青年・成人期ママ層(中年期~高年期 45~64歳)
(10) セカンドライフ層(老年期 65~89歳)

【HER TREND 考察】
【女性視点マーケティング導入事例】
【国内ローカルNEWS】
【海外ローカルNEWS】
【10月のキーワード】
【HERSTORY REVIEWの活用法】
【今後の予定・イベント】

▼HERSTORY REVIEWとは?
https://www.herstoryshop.jp/review-list


【会社概要】
弊社は、従来のマーケティングを女性視点で見直すマーケティング理論「女性視点マーケティング(R)」の導入&支援により企業様の課題解決をサポートしている会社です。長年行っている女性動向の研究&分析報告や女性マーケット攻略のためのノウハウを研究レポートにまとめ提供しています。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ハー・ストーリィ(担当 三沢)
東京都港区六本木5-11-25 鳥居坂アネックス5階
電話:
コーポレートサイト:https://herstory.co.jp/

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社ハー・ストーリィ

前へ | 次へ
🗾 東京都