◎タイトル
ベトナム人と日本人でつくる「FTSオンラインサロン」開設のお知らせ
2022年3月21日  より開設しました

◎本文
「FTSオンライン」(代表・三浦俊輔:札幌市)は9月1日、ベトナム人パートナーと日本人による日越総合交流オンラインサロン「FTSオンラインサロン」を開設いたしました。
昨今、ベトナムを訪れる日本人旅行客が増える一方、ベトナム人の国内雇用者数も増加しています。しかし、在日ベトナム人の生活では、言葉や文化による壁や日本人とのコミュニケーション不足による孤独感に苛まれて、結果残念なことに犯罪に手を染めてしまうケースが少なからずいるのも現状です。そこで当サロンでは、これまでにない新しい取り組みとして、在日ベトナム人と日本人の交流のみならず、ベトナムにいる日本人やベトナム人との総合交流型のオンラインサロンとしても、言語学習、情報交換、異文化交流などによる日本とベトナムの交流の懸け橋になることをめざしてスタートしました。

当サロンでは、オンライン交流のツールとして文字(写真・動画・ファイル)によるチャット型の「テキストチャンネル」とお互いの顔を見て通話ができる「ボイスチャンネル」という用途に分けた2つのツールを用意しました。
さらに、テキストチャンネルではユーザーの目的別にチャンネルを細分化。ボイスチャンネルでは、言語学習に加え、ユーザー同士がより深い関係性を築けるようペアルームを用意。
オンラインデートや商談など、プライバシー性の高いやり取りを安心してできるように配慮しました。

☆「テキストチャンネル」一覧
1. フリマ
2. 言語学習(初級~上級)
3. 観光情報
4. 会話交流
5. 求職求人
6. 出会いチャンネル
7. 友だち探し

☆「ボイスチャンネル」一覧
1. 言語学習
2. ペアルーム①
3. ペアルーム②


日本に住みながら働くベトナム人は増えており、国内における外国人労働者の割合の内、ベトナム人は国別比率で24.2%(401,326人)と、第1位の中国人25.2%(418,327人)に次いで2番目に多い外国人就労率となっています。ベトナム人であるわれわれのパートナーは、現在も日本企業に在籍しながら翻訳や通訳で活躍していますが、検察局から依頼を受けてベトナム人犯罪者らの通訳をすることもあります。
彼らにとって言葉の壁は非常に大きく、ベトナム人就労者を受け入れている企業でも、1社あたり平均1~2人とごく少数なのが現状です。日本側の企業の経営者や社員たちも、ベトナム語を話せないことから思うようなコミュニケーションが取れずにいます。【参考資料:図2国籍別外国人労働者の割合を参照】

これらの問題は、当サロンにとっての課題でありやりがいであると認識しています。
すでに、英語という言語や文化が国内には浸透しはじめているように、今後ますますベトナムへの旅行者も増えていけば双方の交流は活発化することが予想されます。当サロンでは課題のすべてを「ニーズ」と捉えて、言語による学習で1名でも多くの日本語が話せるベトナム人とベトナム語が話せる日本人を増やすこと、そして孤立しないための「日本とベトナム双方の」人と人をつなぐ交流を活発にすることで課題を解決に導きたいと考えます。【参考資料:ベトナムを訪れた日本人旅行者数の推移を参照】

また、昨今の急速なベトナムの経済市場の成長は今後間違いなく、日本経済においても必要不可欠な市場となってくると判断し、商取引においても人と情報の交流交換を成せるよう取り組みもスタートしました。

当サロンが、ベトナムと日本のユーザーにとって有意義かつ有益なサービスを提供できるように、パートナーと力を合わせて運営に励んでまいります。


◎FTSオンラインサロン入会方法
入会の画面)
当サロン入会専用ページより会員登録と決済が可能です。
専用ページはこちら:https://community.camp-fire.jp/projects/view/570592
入会の流れ)
プラン(日本人用とベトナム人用の2つがある)を選択したら、会員登録と決済ができます。決済が無事に完了すると、Discord(ディスコード)と呼ばれるプラットフォームへの招待リンクが案内されます。
オンラインサロンの流れ)
Discord(WEBブラウザ、アプリのどちらでも可)内にて、当サロンは運営されます。当サロンでお客様情報を確認した後、会員専用の権限を付与することですべてのサービスが利用できるようになります。

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

FTSオンラインサロン

前へ | 次へ