絵本の制作から出版、販売までを行う株式会社ディトシティは、タイヤで出来た足を持っている女の子 “どらいびー”が主人公の絵本「DRIVIE どらいびー」
(https://ditocity.com )を2021年12月3日(金)  に発売しました。


■絵本「どらいびー 」あらすじ

どらいびーは、みんなと同じである事を証明するために、様々な事に挑戦するのですが、中々思うようにはいきません。そんな時、先生に聞かれた「あなたのとくべつなところはなんですか?」という言葉にどらいびーは「 “とくべつ” って一体なんなのだろう?」と疑問を持ちはじめます。さまざまな “とくべつ” なところを持ったお友達たちと どらいびーが、その意味を一緒に考え、答えを探していく物語です。



ー“とくべつ” の意味や 誰かとの違いについて、深く考えさせられるシーンがいくつもあり、子供だけではなく 大人も楽しんで学ぶことができる絵本だと思いました。 ー(株)ディトシティ絵本担当者 山岸ー



■車椅子を使用している方の実際の話を参考に作られた絵本「どらいびー」

主人公である “どらいびー” のタイヤで出来た足のイメージは車椅子。著者である 長谷川ロミが、実際に車椅子ユーザーの方々から様々なことを聞き、絵本の制作に取り掛かりました。そして絵本の見開きページには制作​に協力いただいた、齋藤真希さん(小学校四年生)のデザインが取り入れられています。


■ー(株)ディトシティ 代表 / 絵本「DRIVIE どらいびー」著者 長谷川ロミからメッセージ

今作はToKnowMe Series (トゥーノウミーシリーズ)と題したシリーズの第一作目となり、マイノリティと呼ばれる人たちを主人公にしているシリーズです。”私を知って、あの子を知って”をテーマに様々な角度から多様性を知り、学び、そして人々の違いに慣れてもらう_20年後の未来にはマイノリティという言葉がなくなるようにという願いを持って制作しています。また、ディトシティ では、より多くの方に絵本を楽しんでもらえるよう、全てひらがなの日本語と英語の両方を取り入れた絵本制作を行っております。その国の言語らしい言い回しを心がけた翻訳を楽しんでいただき、言語学習にもぜひご活用してもらいたいです。


■プラスチックを使用しない絵本制作を実現

絵本「どらいびー」は環境に配慮し、表紙カバーや帯をつけず、プラスチックも使用していません。表紙にはプラスチック加工の代わりとして、ニス加工を施しており、紙本来のマットで サラッとした手触りも楽しむことができます。そして全てのページにFSC認証紙を使用しています。


絵本の内容だけではなく、素材でも子供たちの未来を守り、その未来が豊かになっていってほしいという願いを込めてひとつひとつ丁寧に作られています。


■ディトシティが届けたい想い


人の違いが人の豊かさを生んでいるということを知って欲しい_
まだ見ぬ世界に真っ直ぐに飛び込んでみてほしい_
新しい事にワクワクしてほしい、知らなかった美しさを見つけてほしい_

これがディトシティが皆さんに届けたい願いです。


■書誌について

『DRIVIE どらいびー』

作・絵 : 長谷川ロミ
英訳 : クレッサー•ルーカス•マッケンジ
定価 : 1,800円 (税別)
発売日 : 2021年12月3日(金)  
判型 : 上製 フルカラー 220×240mm/36ページ 電子版:なし
ISBN:978-4-9912358-0-1
発行所 : (株)ディトシティ
株式会社ディトシティサイト: https://ditocity.jp

<本書のご購入はこちらから> ディトシティ公式オンラインサイト:https://ditocity.com
お正月サプライズ企画期間(2021年12月17日  〜)は
絵本を購入された方(限定300名様)に『どらいびーデニムエコバック』をプレゼント!



■本件に関するお問い合わせ先


(株)ディトシティ絵本担当部 山岸
TEL : 03 6770 7275
E-MAIL :

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社ディトシティ

前へ | 次へ