2021年10月21日(木)  

報道関係各位


コロナで打撃を受けた女性のキャリアチェンジを支援する転職支援サービスをスタート


株式会社for-womanは、コロナ禍で雇用減少に陥った販売・接客を中心としたサービス業に従事する女性のキャリアチェンジを支援すべく、女性向けの転職エージェントサービスを始いたしました。


■概要

「あきらめたくない女性のための転職エージェント」を展開する株式会社for-woman(本社:東京都中央区銀座/代表取締役 楠 絵梨香、以下for-woman)は、2021年9月1日  にコロナで打撃を受けた20代女性のキャリアチェンジを支援する転職支援サービス「for-woman’s partner」をスタートしました。


【for woman’s partnerの声】

「コロナ禍でいま働いているブライダルの仕事が縮小してしまい、出勤日数も給与も減ってしまいました。
このまま同じ会社で働いていていいのか不安で、毎日にように求人サイトを見ています。でも、学生時代からブライダルに絞って就職活動をしてきて、他の業界のことを調べたこともないので求人を見ても仕事内容のイメージがつきません。どんな業界であれば、私の経験が活かせるのか知りたいです」

「コロナ禍を経験して、自分のキャリアを改めて考える機会が増えました。今は好きだった仕事に就けていますが、30代や40代になったときに今の会社で働いている姿がイメージできないことに気づきました。社内にも30代以降の女性のロールモデルがいなくて、転職するなら20代のうちだなと思って転職活動をスタートしました。
でも、どのような業界・どのような仕事が自分に合っているのか分からなくて相談にきました。」

これらは、若手女性のキャリアチェンジを支援する転職支援サービス「for-woman’s partner」の利用者の声です。
ご相談にくる求職者に共通しているのは、正社員として働いており、目標をもって取り組んできたにも関わらず、コロナ禍で活躍する場が減少したことでキャリアチェンジを検討されている点です。

2020年のコロナショックにより、対人サービス(販売・接客業)に従事する女性の働く場所が減少しています。一方で女性が多数活躍する業界(IT・人材・エンタメ)では、女性採用のニーズが年々高まっています。そこで、「スキルはあるが活躍する場所がない女性」と「販売・接客のスキルを求める企業」をマッチングするサービス「for woman’s partner」を立ち上げるに至りました。
詳細サイトURL:https://bit.ly/3mIk4rf


【for-woman’s partnerの特徴】

◎コロナ禍で雇用が大幅に減少した販売・接客スタッフ(女性)のキャリアチェンジを支援

◎販売・接客業の経験が活かせる仕事(例:営業・キャリアコンサルタント・コーディネーター職)をご紹介

◎女性の活躍※が目立つ企業を厳選してピックアップ
※女性役員がいる、正規社員の女性割合が4割以上、産休・育休取得率80%以上など


【株式会社for-womanについて】

2021年3月31日  設立。代表の楠自身がひとりのビジネスウーマンとして、転職・結婚・出産・育児といったライフステージの変化を経験する中で、女性ならではのキャリア形成の難しさや息苦しさを感じていたことから、女性のライフステージに合わせた企業選びや働き方を提案する会社を設立。for-womanという社名には、「全ての女性にとってよき理解者でありたい」という想いを込めている。



【会社概要】

会社名:株式会社for-woman
代表者:代表取締役 楠 絵梨香
設立日:2021年3月31日  
資本金:500万
所在地:東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル7階
事業内容:女性向けキャリア支援事業(許可番号:13-ユ-313370)
URL :https://for-woman.jp/



■本件に関するお問い合わせ先

URL:https://for-woman.jp/
担当:楠 絵梨香
E-Mail:

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社for-woman

前へ | 次へ
🗾 東京都