3冊持ち込んで1冊無料、1冊寄贈で匿名参加できるコミュニティなどを行う「のこのこ書店」が11月3日  此花区にオープン。

思い出の詰まった本を、そのまま誰かに伝えませんかー?

11月、此花区にオープンするのこのこ書店。
本を売り買いするのではなく、本を中心に想いのめぐる書店をコンセプトに運営を行います。
読み終わった少し昔の文庫本は、大手の古本屋に持ち込んでも1~10円にしかなりません。その時感じた「面白い」「感動した」など、心が揺れ動いた瞬間があるのにも関わらず、新しい感動を購入出来るまでのお金にもならない。

感動を、紡いでいく。新しく誰かの感動を作り、自分自身も誰かの感動を持って帰られる本屋さんを。そんな想いから始める書店になります。

・3冊持ち込みで1冊自由にお持ち帰り頂けます。
・本に、記入できる栞を挟んで頂けます。自分の感じた想いを記入してください。
・本を1冊寄贈で参加出来る匿名のコミュニティ(ラインオープンチャット)
・特別な一冊を選ぶ、選書サービス
・お気持ちに合わせて選べる本のギフトボックス

その他様々な形で「本をめぐる想いをつなぐ」本屋さんを目指していきます。

本屋さんの形態としては「持続可能な書店」を目指しています。常にオープンしているのではなく、日替わりでの店長も可能。なにかお仕事をしながらでも、本屋さんができるように。自分の思う「いい本」をオススメしてもらうことも可能。書店内部も椅子を沢山用意し、ごろ寝スぺ―スも。ゆっくりと本を読み選んでもらえる時間を提供致します。2階部分はギャラリーを作成予定。ギャラリーも基本使用料を頂戴するのではなく、「おもしろいなあ」と思えるものを一緒に作っていく予定です。

本だけでなく、他のものの販売も考えています。平日は会社員をしていて、中々時間を作れずお店を持ちたいけど持てない方。ハンドメイド作家様の方にも、自由に出品しオーナーになって頂けるようにしています。
副業が推進されている時代だからこそ、新しい副業、自分の好きなことを手軽に始める事が出来ます。

本を中心に想いがめぐる。本を買うのではない新しい形。

地域の方に愛される書店を目指し、11月3日  にオープン致します。

ホームページ:https://nokonoko.org/
連絡先:
Instagram:https://www.instagram.com/nokonoko_kosyo/
Twitter:https://twitter.com/makeflea

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

のこのこ書店

前へ | 次へ