創業から113年の歴史を持つ老舗出版社、株式会社神宮館(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:木村通子)は『神宮館こよみエピソードコンテスト』を開催しています。

 『神宮館のこよみ』を参考にして、「良いことがあった」「人生を切り拓いた」といった思い出やエピソードを2021年8月1日  ~11月30日  まで募集しています。特別審査員に島田秀平さんを迎え、優秀作品には、金賞50万円、銀賞20万円など、豪華賞金を贈呈いたします。優秀作品の発表は2021年12月  上旬を予定しています。

◎生活の指針を発行し続けて113年
神宮館は創業から113年、毎年こよみを発行しています。こよみは古代中国が発祥で月の満ち欠けを参考に作られたといわれ、その後日本に伝わり、農業中心の日本人の生活に大きく影響を及ぼしました。古くから日本人の生活の指針として定着しているこよみを「より見やすく、多くの人に読んで活用してもらいたい」という思いから、113年の歴史を経て現在に至ります。
現在の『神宮館のこよみ』は毎年8月に発売され、主力12点だけで年間100万部以上を書店ルートで販売しています。代表的な神宮館高島暦のほかに、今年から新しいタイプの「ひびよみ九星占い」を発行しました。相性占いや、パートナー・家族の運勢など人間関係に活かせる内容も満載です。日々の生活や社会情勢に不安を抱えている方々にも『神宮館のこよみ』をご活用いただき、少しでも暮らしを良い方向へ導く指針にしていただけたらと思い、毎年こよみを発行し続けています。

◎こよみを使った幸せエピソードを募集
 『神宮館こよみエピソードコンテスト』では、「こよみを見て運気の良い日だったので宝くじを買ったところ高額当選をした」「こよみで吉方位を調べて行ったところ、運命の人と出会い結婚して幸せな生活を送っている」など、『神宮館のこよみ』を参考にしたエピソードを広く募集しています。
◆エピソードコンテスト開催概要
【応募内容】
『神宮館のこよみ』を参考にして、「良いことがあった」「人生を切り拓いた」といった思い出やエピソードを、400字以内の文章で応募します。

【応募方法】
エピソード、氏名、ペンネーム、住所、電話番号、性別、生年月日を郵送かインターネットでご応募ください。

エピソードコンテスト公式サイト:https://jingukan.co.jp/episode_contest/index.html
送付先:〒110-0015 東京都台東区東上野1-1-4 神宮館こよみコンテスト事務局

【賞金】
金賞:50万円(1本)/銀賞:20万円(1本)/特別審査員賞:20万円(1本)/特別賞:3万円(2本)/佳作:1万円(4本)

【応募期間】
2021年8月1日(日)  ~2021年11月30日(火)  

【発表】
2021年12月  上旬

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

前へ | 次へ
🗾 東京都