2020年1月22日  、人間ラブドール製造所は、ラブドールのお葬式をあげ適切に廃棄するお手伝いをするサービス「ドール葬儀社」をオープンしました。

ラブドールは近年、ぐっと購入しやすくなりましたが、持ち主が希望する形での廃棄のシステムは整っていません。限りなく人間に近い造形をしているため、また「性」という人間の心の一番深い部分に関わるプロダクトということで、長い年月をともに過ごしたラブドールを単なるゴミとして処分するのに心理的抵抗がある人も多いです。

ネット上でのアンケートにおいては

供養してお別れしたい 46.8%
愛着があり手放せない・人目が気になって出せない 26.4%
粗大ゴミで出す 16.7%
処分業者に頼む 10.2%

調査方法:インターネット調査 
調査対象:20代以上のラブドール所有者の男女  
調査期間:2019年12月23日  ~12月30日   
調査エリア:全国 
サンプル数:216

という結果となりました。

そこで「ドール葬儀社」はかけがえのないパートナーだったラブドールを、責任を持って処分するお手伝いをしたいと思いました。


■■「ドール葬儀社」のお葬式プラン概要■■

現職の僧侶による供養と葬儀、廃棄の代行サービスを3万円(税抜)から提供します。その他「葬儀証明書」「ラブドールへのお手紙代読」「葬儀の動画・画像提供」「一部パーツの返却」の他に、他の物と混合せずに1体だけで旅立たせるために業者の施設を空にする「1体だけの旅立ち」などのオプションを提供します。


ドール葬儀社ではプランを3つご用意しています。

【ドールのお葬式プラン】
ラブドールの供養と葬儀を行い、処理施設へ搬送します。
葬儀証明書、葬儀の動画か画像付。持ち主は葬儀に参列することができます。
葬儀料:1体¥50,000(税抜)

【ドールの合同葬プラン】
複数のラブドールに対して合同供養、葬儀を行い、処理施設へ搬送します。
葬儀証明書、葬儀の画像(集合写真)付。
葬儀料:1体¥30,000(税抜)

【ドールのお葬式エンジェルプラン】
ラブドールの供養、葬儀を行った後に解体してから処理施設へ搬送します。持ち主は葬儀に参列することができます。ラブドールをそのままの形で廃棄業者の機械で破砕されるのに抵抗がある方のために葬儀社で解体をします。
ラブドールへの手紙代読、最後のポートレート撮影、葬儀証明書、葬儀の動画か画像付。希望者に形見としてパーツの一部を送ります。
葬儀料:1体¥90,000(税抜)



・供養・葬儀はニューハーフAV女優で現職の僧侶を起用

供養、葬儀はニューハーフAV女優・僧侶として活動しているかとうれい氏(僧名 加藤禮詮)が執り行い、解体はかとうれい氏所蔵の延秀の片切刃短刀を用います。
ドールのお葬式エンジェルプランにて、ドールの解体の際使用する本短刀は 生駒山修験宗(衆)二十七代目管長猊下所蔵の延秀の片切刃短刀です。元来、人を斬るためのものでは無い片切刃の短刀は、奉納刀や宗教儀式などによく用いられています。このためドールに対する配慮として採用いたしました。切れ味優れた現代の名刀を用いる意味は魂を抜いた骸であっても最後の最後まで真心と敬意をつくしたいと言う我々の思いの現れでもあります。

______________________________________

ドール葬儀社
代表:新レイヤ
理念:最後の愛情のお手伝い
サービス内容:ラブドールのためのお葬式
URL:https://ningenlovedoll.com/doll
Twitter ID:@lovedoll_sougi
住所:大阪府東大阪市
問い合わせ先:
______________________________________


このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

ドール葬儀社

前へ | 次へ
🗾 大阪府