祖敷大輔さんトーク「イラストレーションのよりみち、絵本のまわりみち」
日時:11/23(土)19:00〜21:00


〇イベント詳細

詩人・谷川俊太郎さんとともに、絵本『あるくくま』をつくった祖敷大輔さんのトークイベント。
「絵本の絵」ってどうやってできあがるのでしょう?
『あるくくま』完成までの道のりや、制作秘話などをお話しいただきます!
またイラストレーターとして幅広く活躍中の祖敷さんの、発想方法、表現方法も特別にご紹介。普段はなかなか聞けない、イラストと絵本のお仕事の相違点などもお聞きします。
「祖敷さんの絵が大好き!」「イラストレーターになりたい」「絵本の仕事が気になる」
そんな皆さま、ぜひご参加ください。

聞き手/落合博さん(Readin’ Writin’店主)

定員/30名 参加費/1,000円

※イベントに合わせて、『あるくくま』原画展を開催しています。

〇場所:書店「Readin’ Writin’」東京都台東区寿2-4-7(TEL.
HP:readinwritin.net

〇原画展期間:11/19(火)~12/1(日)*12:00〜18:00、月曜定休

祖敷大輔
イラストレーター。武蔵野美術大学を卒業後、朝日新聞社広告局に勤務。退職後、バイシクルメッセンジャーを経て、2008年より書籍の装画、雑誌・広告のイラストレーションなどで活躍。2017年本屋大賞「翻訳小説部門」を受賞した『ハリネズミの願い』(新潮社)ほか挿絵を手がけた作品多数。

書籍情報
「ぼくはくまだ。なまえはまだない。ぼくは『どこか』をめざして、あるくのがすきだ」。おひさま、ちょうちょ、恐竜……道で出会うものとのやりとりはどこか不思議。あかちゃんはシンプルに、大人は哲学的にもたのしめる絵本です。
本作がはじめての絵本となった祖敷大輔さんが描く、ファンタジックな世界にご注目ください。

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社 クレヨンハウス

前へ | 次へ
🗾 東京都