2019年06月18日(火)

報道関係各位

最期の救急車

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「最期の救急車」はReadyforでクラウドファンディングを6月28日(金)午後11:00まで行います。



最期の救急車サービスは、ご自身やご自身の大切な人の「人生の幕を下ろすまでにしたい1つのこと」を叶えるお手伝いをします。



https://readyfor.jp/projects/24301





■最期の救急車

https://readyfor.jp/projects/24301





【背景】

ある時、父の知り合いの寝たきりのおじいちゃんが孫の結婚式に出席したいと言いました。寝たきりだったため、結婚式の出席はもちろん外出するだけでも非常に困難です。

しかし、本人はもちろん、そのご家族の願いでもあったため、何か自分にできることがないかと考えました。そこで、民間救急車両や看護師の手配、病院やご家族の方とのスケジュール調整を行い、なんとかおじいちゃんに孫の晴れ姿を見せることができました。

その手配には手間もかかりましたし、救急車両や看護師の調整費用も50万円ほどで決して安くはありませんでしたが、願いが叶ったおじいちゃんだけでなく新郎新婦にも非常に喜ばれていました。





【製品・サービスの概要】

最期の救急車サービスは、ご自身やご自身の大切な人の「人生の幕を下ろすまでにしたい1つのこと」を叶えるお手伝いをします。(対象:全国)





<3つの特長>

1:自身やご自身の大切な人の願いを叶えるお手伝い。

2:関わったすべての人が幸せになれる。

3:クラウドファンディングで資金調達のサポート。





【今後の展望】

まずは法人化することで、願いを叶える土台を構築します。

たくさんの方々の願いを叶えるためには、願いを持っている本人だけでなく、そのご家族や友人などの想いもお聞かせいただくことが大切です。また移動も不自由な状況の方々が多いと考えられるため、その移動手段や目的地での受入れなど、十分な準備や確認が必要です。





【最期の救急車について】

滋賀県米原市

代表 杉原篤

北村喜史

澤明紀

URL:https://readyfor.jp/projects/24301

事業内容:サービス業

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

前へ | 次へ
🗾 滋賀県