オーリック・システムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 幾留 浩一郎、以下 オーリック)は、パケットキャプチャ型のリアルタイムWeb解析ソフトウェア「RTmetrics」(アールティーメトリックス)の最新版を発表し、2010年12月17日  より販売・出荷開始いたします。

「RTmetrics」は、ログデータが膨大なサイトでもリアルタイム解析が可能なことから、特にトラフィックが多い大規模サイトを中心に国内16,000サイト以上に導入されています。
最新版「RTmetrics」は、データベースのデフラグ機能追加などによる処理性能を改善し、レポート作成・分析の効率化を実現させる機能などを拡充し、使いやすさが向上しました。


「RTmetrics」は、アクセスデータをキャプチャし基本的な解析を行う「RTmetrics-8.0.0」(以下 RTm)と「RTbandwidth-8.0.0」(以下 RTb)、詳細データを保存し解析を行う「Advanced Analytic Module-2.0.0」(以下 AM)、ならびに解析用ユーザーインターフェース「RUI-2.0.0」(以下 RUI)から構成されます。

◆主な機能追加・強化の内容は以下のとおりです。([ ]内は該当するモジュール)

1. 非同期処理機能の追加 ・・・ [AM] [RUI]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
解析対象を長期間とした場合など、大量のデータからレポート生成を行う際、従来はレポート結果が表示されるまで待たなければならない処理がありました。今回の非同期処理機能の追加により、生成命令を出した後、レポートが表示されるまでの間、別のレポートを閲覧することが可能になり、業務効率を大幅に向上させます。


2. デフラグメンテーション機能の追加 ・・・ [AM]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
データベースのデフラグ機能の追加により、レポート閲覧時の検索時間が最大で5分の1にまで短縮されます。


3. 国・都道府県判別機能の追加 ・・・ [AM] [RUI]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Advanced Analytic ModuleがIP情報からアクセス元の国・都道府県の判別に対応しました。これにより、地域別アクセス数の表示や特定の地域からのアクセスのフィルタリングなどが可能になりました。
※ 国・都道府県DBライセンスを契約している場合のみ有効です。


4. スマートフォン・サポートの拡充 ・・・ [RTm]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Android携帯やiPhoneをはじめとしたスマートフォンからのアクセスについて、機種判定の精度が向上しました。また、レポートの拡張を行い、これらの機種やOS名ごとにPV数やセッション数がレポート表示されるようになりました。


5. テスト設定機能の追加 ・・・ [RTm]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
通常の本番機能の他に、動作確認などを目的としたリアルタイムデータのみ取得可能なテスト設定機能を追加いたしました。これにより、既存の解析条件などの設定をコピーして、新たなデータ取得を行うためのテストなどの設定の変更や動作確認が可能になります。


6. 携帯端末IDの変換保存機能 ・・・ [RTm] [AM]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
RTmetricsはデータ取得の設定によっては携帯端末IDなどを取得することが可能でしたが、セキュリティなどの観点より、携帯端末IDなどのIDを変換して保存する機能を追加しました。これにより、サイトへアクセスしたユーザーの個人を特定することなくユーザーの解析が可能になります。


7. クローラー判定の強化 ・・・ [RTm]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
従来のユーザーエージェントとIPアドレスに加えて、HTTPヘッダによる判定を追加したことで、クローラーの判定精度が向上しました。これにより、従来以上にクローラーからのアクセスを除外して的確なアクセス解析を行うことが可能となりました。



「RTmetrics」は、ネットワークに流れるパケット情報を取得するパケットキャプチャ型アーキテクチャにより、従来型のログ解析では困難な「リアルタイム解析」、「複数サイト間の行動解析」やURLに表示されない「POSTデータ解析」などを簡単な操作で行なえるのが特長です。
また、携帯サイトもPCサイトと同一システムで同じ指標で解析が可能なため、ワンセグ、ゲーム端末、IPTV、RSSリーダ、クローラーからのアクセス解析も特別なアプリケーション開発やサイトの変更をすることなく、解析が可能です。
オーリックは、こうした特長に加えて、アクセス解析の担当者だけでなく、経営者や部門責任者も含むビジネスユーザーが「RTmetrics」を活用できるよう、直感的な解析用ユーザーインターフェース「RUI」の改善を続けています。
また、今回の最新版「RTmetrics」では、内部で使用している文字コードをSJISからUTF8に変更し、将来的に多国語対応を予定しております。



◆ 「RTmetrics V 8.0.0」の販売時期・価格について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 販売・出荷開始 : 2010年12月17日  
 販売価格 : 450万円~
 ※保守契約を締結している既存のお客様は無償でアップデートされます。
 ※販売代理店は以下でご覧ください。
  http://www.auriq.co.jp/partner/index.html

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

オーリック・システムズ株式会社

前へ | 次へ
🗾 東京都