2023年3月3日 – ヘッドマウント型のウェアラブルを販売するRealWear Japan合同会社(代表執行役社長、伊藤 信、以下「RealWear」)は、RealWear Navigator™ 520及びNavigator™プラットフォームに取付可能なサーマルカメラモジュールの本格販売を開始しました。本格発売に合わせ、2023年3月31日  まで旧モデルのHMT-1からの買換えキャンペーンを実施しています。Navigator™ 520、またはNavigator™ 500にリプレイスのお客様は通常より割引価格でお求めいただけます。詳しくはRealWearの販売および取扱い代理店までお問い合わせください。
(代理店一覧はこちら: https://www.realwear.com/dealer-in-japan/

RealWear Navigator™ 520は、最前線で活躍するプロフェッショナル向けの次世代型高耐久性アシステッド・リアリティのヘッドセットです。RealWear Navigator™ 500で提供された幅広いプラットフォーム機能をベースに、HyperDisplayと呼ばれる表示システムを一新し、より大きくシャープで際立った画像を提供することで、より多くのユースケースに対応できるよう、第一線のプロフェッショナルな作業者が求める見やすさ」を追求しました。
RealWear Navigator 520に搭載された全く新しいHyperDisplayは、RealWear Navigator™ 500に搭載された標準画質(SD)のCore Displayに代わり、20%大きい720pの高画質(HD)画面になり、アイボックス、アイレリーフ(コンテンツを見やすいようにディスプレイから目を離せる最大距離)も5倍にするなどの改善を実現しています。

またRealWearでは、世界初の完全ハンズフリー、音声制御のサーマルカメラを提供しています。新しいRealWearのサーマルカメラモジュールを音声認識内蔵のRealWear Navigator™ 500や520ヘッドセットに接続することで、第一線の作業者は音声操作のみで高解像度の可視スペクトル画像や様々なサーマルモードやカラーモードを撮影し、ポンプ、パイプ、配線、モーターなどの基幹産業機器の温度異常を迅速に特定することができるようになりました。

画像はリアルタイムで見ることができ、将来的にはMicrosoft Teams、Zoom、Webex Expert on Demandなどで共有することができるようになる予定です。テレダインフリアーのエコシステムと互換性があり、特殊なラジオメトリックJPEGフォーマットの画像を保存、転送、ダウンロードすることが可能で、撮影後に赤外線画像やビデオ用のソフトウェアのFLIR Thermal Studioなどを使用することで、より多くの解析とレポート作成が可能になります。

RealWear Navigator with Thermalの主な使用例としては、電気、機械、配管、HVAC (暖房、換気、および空調)の検査、初期設置準備、工程監視、ライン監視などがあり、ハンズフリー機器を接続することにより、自動車組立ライン工程などの最適な工場生産のための柔軟性と安全性、全体の効率性を向上させることができます。


RealWearについて
RealWear®は、アシステッド・リアリティ・ウェアラブル・ソリューションのパイオニアとして、現代の第一線の作業者がより安全に、効率的に、そして正確に作業を行えるよう、作業環境の支援・向上に取り組んでいます。65,000台以上のデバイスをサポートし、作業者が手や視野を自由に使える状態で、情報や専門知識にリアルタイムでアクセスできる製品を提供しています。RealWearはワシントン州バンクーバーに本社を置き、フォーチュン100社のうち41社に採用されているその製品は、Shell、Goodyear、Mars、Colgate-Palmolive、BMWなど世界トップレベルの数多くの顧客に導入され、幅広い産業分野でその品質と性能を実証しています。
詳細につきましては、www.realwear.com/jp をご覧ください。

【本プレスリリースに関するお問合せ】
RealWear Japan合同会社
代表執行役社長:Makoto Ito伊藤 信 
日本語Webサイト: https://www.realwear.com/jp/
グローバル Web サイト:https://www.realwear.com/

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

RealWear Japan合同会社

前へ | 次へ