コロナ時代にマッチしたサポートで、働く人のメンタルヘルスを守りたい「ラブチャレンジャー・メンタルヘルス協会」が2022年11月1日(火)  よりサービス提供を開始!
医療・健康
~「健康経営」を目指して、企業と働く人をオンライン・オフラインで心身ともにサポートします~
「一人じゃないよ。みんなあなたを応援しているから。」を理念に、メンタルヘルスのサポート事業を展開する、ラブチャレンジャー メンタルヘルス協会(代表:田中春子、所在地:大阪府大阪市)は、2022年11月1日(火)  より、企業と働く人が心身ともに健康に過ごせることを目指して、サポートするためのサービス提供を開始いたします。


企業と働く人のメンタルサポート「ラブチャレンジャー・メンタルヘルス協会」について

「ラブチャレンジャー・メンタルヘルス協会」は、代表自身が40年間電車に乗って通勤する中で多くの人身事故に遭遇した経験や、2020年3月  から2022年6月  までのコロナ禍の影響での自殺者増加は、国内だけで8千人にものぼると東大の試算による報告などがあり、胸を痛めてきました。これらの一つ一つは、報道もされないが、尊い命です。

自分がこれまで生きた中で、経験してきたことを活かして、コロナ禍で出逢いが減ってきている人たちの助けになれたらと考え、まずは結婚相談所を開設しました。

活動を通じて、さらに出逢いに限らず、生きることや働くことで苦しんで悩んでいる人のために役に立てたら。社会を明るく照らす、荒野に咲く一輪の花でありたい。そんな思いで、メンタルヘルスのサポート事業を展開すべく設立いたしました。


活動概要

自分が辛い状況におかれたときに、実際に感じたこと・経験したことを元に、以下6つの活動を行ってまいります。

① スポーツクラブ様無料体験チケットのご送付:スポーツすることで心身共にリフレッシュできた。

② 椅子100脚の設置活動:営業活動をしている中で、休みたいときに、直ぐ椅子に座れる環境が欲しかった。

③ お菓子や商品の無料ギフトご送付:美味しいもの、甘いものなどを食べることで心が癒されて元気が出た。

④ 日本飛び込み営業普及協会、代理店商材の募集:外に出て、季節や自然を肌で感じながら外部との接触することで、心を刺激され元気になれた。

⑤ 水の効用等、コラム、SNS発信:水をしっかりと摂取することで、血液の循環を良くし、老廃物が溜まりにくくなることで、 デトックスされる実感があった。

⑥ メール・電話のお悩み相談:メールや電話を通じて、専門家に直接悩みを相談することで、解決の糸口が見つかった。



コロナ禍で、これまで以上に健康に対する関心を寄せる人が増えたこと、さらに「健康経営」への注目が高まり、推進する企業は増えてきています。「健康経営」への取り組みにより働く人一人一人の心身が共に健康になることで、「社員の生産性向上」が期待できます。
「ラブチャレンジャー・メンタルヘルス協会」は、働く人や企業を応援しながら、日本社会の発展に寄与して、より良い社会づくりに貢献してまいります。


協賛・後援ご協力のお願いについて

「ラブチャレンジャー・メンタルヘルス協会」では、私たちの活動方針や理念に共感し、協賛・後援にご協力してくださる方、団体を募集しております。
詳しくは、以下ご連絡先までお問い合わせください。




【協会概要】

「ラブチャレンジャー・メンタルヘルス協会」
代表   :田中 春子
所在地  :大阪市北区梅田1丁目11番4号大阪駅前第4ビル9階923
事業内容 :メンタルヘルスのサポート事業
Twitter:https://mobile.twitter.com/lovechallenger1


このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社ラブチャレンジャー

前へ | 次へ
🗾 大阪府