2022年10月11日(火)  
近日、大可楽文化伝媒株式会社AKI娯楽公会(以下「AKI」という)が、事業範囲を日本市場まで拡大し、一定の成果を収めたと発表した。


同時に、AKI MCNは、日本のTikTok LIVE配信に進出し、日本市場における深い協力パートナーとなった。

AK MCN代表の中浦洋氏は、TikTok日本地域で配信者の発掘と育成を行うLIVE配信特化型MCNの代表として、多くの若者ユーザーを抱えるプラットフォームであるTikTokは、全世界で20億のアカウントがアクティブユーザーであり、LIVE配信に巨大な発展スペースを提供すると同時に、熾烈な競争を生み出していると指摘。では、どうすれば多くのLIVE配信者の中で突出した存在となることができるだろうか。

中浦洋さんは、LIVE配信では上手く自分を表現しなければならないと指摘する。
LIVE配信者として、まず自分の特徴を発見することでファンを引きつけることができる。LIVE配信とはコミュニケーションの芸術であり、だからこそ自分をオープンにし、視聴者にいち早く自分のことを知ってもらう必要がある。LIVE配信のなかで例えば、性格が明るい、お笑い系が得意、なにか突出した特技があるなどの特徴があると、多くの視聴者の獲得につながる。最終的な目的は自分の魅力を示すことにある。AKIのようなインフルエンサーの公式MCNグループは、新人を発掘する独自の目線を持っており、彼らの抱えるLIVE配信者に高いポテンシャルが備わっているのは間違いない。

「ファンとの交流を増やすことは、良い結果をもたらす」と中浦氏は2つ目のポイントを挙げる。
一定の段階に達すると、どうやってファンをより夢中にさせるか、ファンとの交流の重要性が明らかになってくる。一般的に新規ファンは移動率が高く、彼らの参加感を高める努力が必ず必要となってくる。細かい表情の変化や仕草を増やしたり、ファンのコメントに強い反応を返すといった方法はLIVE配信初心者でも気軽に試すことができるだろう。それと同時に、ファンからのギフトには必ず感謝の気持ちを表し、ギフトを送ってくれる人数が少なくても直接的にギフトを求めるのではなく、婉曲的な方法でまずLIVE配信空間の雰囲気を盛り上げ、話術を用いてファンにギフトを送ろうと自発的に思わせることを忘れてはならない。このような細かい部分がファンの好感度を最も高め、ファンに自分が尊重されているとを感じさせることができる。ファンのコンテンツに対する要求は、時にLIVE配信者に新たな話題と方向性を提供し、質の良い交流は更にLIVE配信空間の雰囲気を増加する必殺技であり、更には多くの「路人粉」をLIVE配信空間に引き入れ、LIVE配信者に多くの注目を集めることができる。

「プラットフォームからの要求と仕様を充分に理解すること」と中浦洋さんは最後に付け加える。
多くの新人LIVE配信者はプラットフォームの要求を理解しておらず、プラットフォームの禁止事項に抵触することを厭わない。そのために制限、降格、さらには封印されることになる。LIVE配信者は事前に十分に勉強し、プラットフォームのルールを明確に把握してこそ、長期的な発展が望める。しかし、これらの規定は抽象的なものが多く、新人LIVE配信者にとってはその中の尺度や基準の厳しさを理解するのが難しいものもある。なのでAKIをはじめとした公式MCNは、LIVE配信者に関連内容の注意喚起を行い、LIVE配信者がプラットフォームの規則を理解するの手助けする必要がある。LIVE配信者に課題を課す目的は、LIVE配信者の内容をもっとTikTokに適応させ、よりよい配信効果を獲得することにあるのだ。



現在、TikTok LIVE配信は日本では新たな市場であり、大量のユーザー資源が開拓を待っている。LIVE配信者は、中浦氏が述べた3つのポイントを念頭に置き、自分を上手く表現し、ファンとの交流を強化し、プラットフォームの要求を理解し、学んだ技術をLIVE配信に生かしながら優れた作品を生み出していくといいだろう。

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

大可楽文化伝媒株式会社

前へ | 次へ