2022年9月28日  
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の香り付きワックスメルト市場2022年-2031年:ワックスタイプ別(パラフィンワックス、ソイワックス、ビーズワックス、その他)、香り別(フローラル系、フルーティー系、シトラス&スパイシー系、ウッディー系、その他)」調査資料の販売を2022年9月28日  に開始いたしました。香り付きワックスメルト市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の香り付きワックスメルト市場2022年-2031年:ワックスタイプ別(パラフィンワックス、ソイワックス、ビーズワックス、その他)、香り別(フローラル系、フルーティー系、シトラス&スパイシー系、ウッディー系、その他)
■英文タイトル:Fragrance Wax Melts Market (Wax Type: Paraffin Wax, Soy Wax, Bees Wax, and Others; Fragrance Type: Floral, Fruity, Citrus & Spicy, Woody, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年9月5日  
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
香り付きワックスメルトは、心地よい香りの物質を含んだワックスの成形品です。このワックスを特殊な装置に入れ、加熱します。それが溶けると、香りを放出します。香り付きワックスメルトは、異なる形状、サイズ、および香りで利用可能です。マイルドでフレッシュな香りがするため、化粧品への応用が進んでいます。香り付きワックスメルトの世界市場は、住宅や商業施設における香り付きワックスメルトの使用量の増加により、予測期間中に大きな成長機会を目撃すると予測されます。

香り付きワックスメルトの世界市場は、香り付きワックスメルトの製造に必要な原材料が豊富で容易に入手できるため、拡大しています。香り付きワックスメルトは、他のアロマキャンドル、ルームフレッシュナー、リードディフューザーに比べて比較的安価です。エアゾールスプレーの使用に関連する環境と健康への懸念は、香りの溶融のための需要を後押ししている重要な要因です。さらに、住宅や商業施設など、香り付きワックスメルトの最終用途分野の成長が、市場を牽引すると推定されています。ホームフレグランスに対する顧客の欲求の高まりは、この市場の重要な側面です。多忙な仕事のスケジュールやライフスタイルの変化に伴い、リラックス効果のあるワックスメルトを選ぶ人が増えています。

アロマセラピーは、痛み、不安、心血管系障害、呼吸器系障害、皮膚関連問題、風邪や咳、消化器系問題、免疫系機能不全、不眠症など、様々な障害の回復を助ける代替医療療法と考えられています。社会人の増加や都市部の人口増加により、痛みの緩和、気分の高揚、その他の健康上の利点を求めてアロマセラピーを利用する人が増えています。このため、特にインドやタイなどのアジア諸国では、アロマセラピー業界を牽引しています。これらの国では、多忙なライフスタイルに起因するストレスを軽減するために、スパやリジュベネーションなどの関連サービスを利用する人が増えています。そのため、近い将来、香り付きワックスメルトの需要が高まると予想されます。

ワックスタイプ別では、ソイワックスが予測期間中に世界の香り付きワックスメルト市場を支配すると推定されます。近年、人々は日常生活で使用する製品が環境に与える影響について、より強く意識するようになってきています。また、これらの製品が環境に及ぼす将来の影響についても意識するようになっています。このため、消費者や香料入りワックスメルトのメーカーは、環境に優しい製品にシフトするよう促しています。ミツバチ ワックスと大豆ワックスは、香りのワックス メルトを作るために使用される有機材料の 2 つの一般的な例です。これらのワックスは、天然であり、点灯したときに有毒ガスを放出しません。したがって、予測期間中にその需要が増加すると予測されます。

香り付きワックスメルト市場は、香りの種類によって、フローラル系、フルーティ系、シトラス&スパイシー系、ウッディ系、その他に分類されます。予測期間中は、フローラル系セグメントが市場を支配すると予想されます。米国園芸科学協会によると、梅の香りのようなフローラルな香りに触れることで気分が向上し、記憶、スピーチ、動作などの脳機能を育む可能性があるとのことです。これにより、感情的な健康、うつ病、記憶障害の改善につながる可能性があるといいます。このため、世界中の消費者の間で、フローラル系とフルーティ系の香りの需要が高まっており、また、シトラス系やウッディー系のフレグランスの需要も増加しています。

2021年の香り付きワックスメルトの世界市場では、北米が最大の金額シェアを占めています。同地域は、予測期間中も主導的地位を維持すると予測されます。高級ワックスメルトを含むホームフレグランス製品の需要増加や、アロマセラピーの重要性の高まりが、予測期間を通じて北米の香り付きワックスメルト市場を牽引するものと思われます。
香り付きワックスメルトの需要は、インドと中国における健康意識の高まりにより、予測期間中にアジア太平洋地域で急速なペースで増加すると思われます。これらの国々の人々は、環境保全に役立つ持続可能な香りのソリューションを採用するようになってきています。エアゾールスプレーによる被害と芳香剤の有害な影響についての意識の高まりは、予測期間中にアジア太平洋地域の香り付きワックスメルトの需要を促進する可能性がある主要な要因です。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/fragrance-wax-melts-market-wax-type-paraffin-wax/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.jp
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社マーケットリサーチセンター

前へ | 次へ
🗾 東京都 


🔔 関連するリリース
  • 「世界の旋回リングベアリング市場2022年-2031年:用途別(産業機械、再生可能エネルギー、建設機械、鉱業、金属、航空宇宙&防衛)」調査レポート(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
  • 「世界のスマートファブリック市場2022年-2031年:製品別(超スマートファブリック、アクティブスマートファブリック)、機能別」調査レポート(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
  • 「世界の持続可能な(サステナブル)船舶燃料市場2022年-2031年:種類別(水素、アンモニア、メタノール、バイオ燃料、その他)」調査レポート(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました