特殊車両のICTソリューションを提供する株式会社TCI(本社:大阪市淀川区、代表取締役:尾﨑俊行、以下「TCI」)は、トラック後方の障害物を検知し、距離に応じてドライバーに危険をお知らせするバックセンサー「TCIBS-0001」を2022年9月1日(木)  から2022年9月30日(金)  まで期間限定特別価格での販売を行います。

当製品は、トラックのバック時にアラームでドライバーに障害物に接触する危険性をお知らせする商品です。超音波で障害物を瞬時に検知し、運転席のディスプレイに3m以内から距離を表示し、距離に応じて音を4段階で変化させます。1m以内になると「停止してください!」と音声で警告を促し、ドライバーに危険を知らせます。

〇センサーの取付方法は選べる2種類

センサーの取付方法は、車両の外側に両面テープで貼り付けるタイプと、車両に穴を空けて、埋め込むタイプがあります。両者の違いとして、貼り付けタイプは、センサー本体が車体の外側にむき出しになっているのに対し、埋め込みタイプは車両に埋め込むので、センサーの部分のみ外側から見えるようになります。

〇販売から取り付けまで対応

TCIは、当製品の販売だけでなく取り付けまでを行うことで、お客様の要望に柔軟に対応できる体制を整えています。バックセンサーは車両と電源を接続したり、設置するために取付工事が必要となり、専門的な技術が必要なので、主にこのような有線の車載製品を導入される方は、専門業者に委託されます。
当社では、販売だけでなく取り付けまで一貫して対応するため、製品を購入した後、別で外注業者を探す手間を省き、販売から取り付けまでを依頼される方にお得なプランもご用意しております。

〇パッカー車への導入実績

バックセンサーは、近年増加するトラックの接触事故を軽減すべく、バックカメラに次いで、後方安全確認装置として注目が高まりつつあります。中でもバックカメラと違い、障害物に反応して警告を行うので、人が急に飛び出してくるような公道を走行する車両であるパッカー車で多くご導入いただいております。バックカメラと併せて使用することで、より安全管理を行うことが可能になります。
弊社では、発売からわずか1週間で150台のパッカー車への取付も完了しています。

発売開始からの反響を機に、さらなる安全装置の普及を目的とし、この度導入促進キャンペーンを実施することになりました。

〇製品情報

センサータイプ:埋め込み or 貼りつけ
対応電圧:12V車、24V車対応可能
感知距離:3m距離表示・音声またはビープ音案内(距離は10cm単位)
感知パターン:扇形放射曲線
サイズ:88×60×23mm(本体)、97×71×25mm(ディスプレイ)
センサーサイズ:40×27×19mm(貼付)、19×21×21mm(埋込)

〇キャンペーン概要

対象商品:TCIBS-0001 SET(貼り付けタイプ or 埋め込みタイプ)
期間:10月3日(月)  ~10月31日(月)  
価格:55,000円(税別)~(工賃込み)
※取付車両によって工賃が変動します。

【お問い合わせ】
企業名:株式会社TCI
TEL:
URL:https://www.tci-car-item.com/contact
ホームページ:https://www.tci-car-item.com
メール:

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

前へ | 次へ