【生活者意識調査】時間と場所に関する調査(2022/06)を2022年8月1日  よりHPに掲載しました!

(調査結果概要)
2021年6月  調査時に落ち込んだ行動実施率は、2022年6月  には回復傾向
●「友達と会う」は新型コロナウイルス流行前と比較し、実施率が10.1ポイント低い
●夕食を食べる場所、息抜きをする場所は「家の中」が流行後に上昇、2022年6月  も高水準が続く

2021年より、生活者のコロナ禍での行動・時間帯・場所、更に睡眠や食事の状況について「時間と場所に関する調査」を実施しています。
「新型コロナウイルス流行前」のデータは、回答者の皆さまに2021年6月  に当時を振り返っていただき聴取しており1日の生活変化の把握を時系列でみることで生活者の変化を追っています。
https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/column-54

#生活者変化 #睡眠 #食事 #行動 #場所

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

CCCマーケティング総合研究所

前へ | 次へ