ジュエリーと言って思い浮かぶものは何でしょうか?

それは、ダイヤモンドではないでしょうか!

今回の宝石工房ヴァンモアが開催するMakuake 第二弾の新商品として案内するものは、ダイヤモンドをお買い求めいただくお客様の9割が知らないダイヤモンドの素顔を見られるジュエリー入門セットを販売開始しました!

ダイヤモンドといっても、皆さん何をご存知でしょうか?

とても輝く宝石ということはご存知かと思いますが
ダイヤモンドには、4つの品質評価国際基準で格付けが行われていることを知らない方がほとんどです。

ダイヤモンドといっても、奥深く品質によって幅広い価値が決まっています。

この基準を4Cと言っています
カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティー(Clarity)、カット(Cut)の4つのCから1931年に設立したGIA(米国宝石学会)により考案されました。

しかし、この複雑なダイヤモンドの基準ははじめての方にはとても分かり難いです。何がどう良ければと・・・

大きければ確かに高額にはなりますが、もし4Cのうちのその他の3つのCが低品質であれば価値は大きく下がってしまうのです。

反対に、小さなダイヤモンドでも、4Cのうちカラット(Carat)が小さくとも、その他のカラー(Color)、クラリティー(Clarity)、カット(Cut)の評価基準が高いものになりますと大きく価値が上がります。

ダイヤモンドはとても品質の基準によってさまざまで複雑な仕組みにもなっています。こうやって複雑な点があることで、皆さんの認知度も落ちてダイヤモンドへの魅力もなかなか伝わらないのも現状です。

そこで長年宝石業界を営んできた我々としては、この自然界が生み出す素晴らしい宝石の王様ともいわれるダイヤモンドの魅力を少しでも多くの方に伝えたいという気持ちから今回のミッションを掲げました。

ダイヤモンドに触れて、本当のダイヤモンドの素顔をのぞいてもらうことです。
本物のダイヤモンドの素顔を知って、どんなダイヤモンドが本当の価値の高いものなのかを知っていただけるジュエリー入門セットをご用意しました。

Makuake 第二弾となるこのプロジェクトページで販売中です。ぜひページまでお立寄りくださいませ

2022年7月12日   午後12時から販売開始して22分で目標達成です

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

宝石工房ヴァンモア

前へ | 次へ