2022年5月10日(火)  

報道関係各位

Map Generator-活用実証モデル募集のお知らせ
デジタル地図『Map Generator Ver2.2』リリース記念
~Maps , New Future Life~



株式会社ビジカWebソリューション事業部(事業部長 樋田晴之)は、スマートフォンやタブレットの位置検知機能とデジタル地図を組み合わせて実現する、位置情報応用ソリューションとして「Smart Apps」シリーズを商品化してまいりました。
2022年4月1日  に最新バージョン(Ver.2.2)をリリースしたこと、および新型コロナウィルスの長期化による大きなダメージを受けている業界とのポストコロナの集客のあり方を探るため、活用実証モデルの公募をいたします。



1. 目的
近年、スマートフォンの台頭によりGPS連動をした地図アプリや地図サービスを利用することが一般的になってきています。
他方で新型コロナウィルス感染症の影響により、観光業、飲食業、小売業は大きな打撃を受けています。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響は長期化により、引き続き感染予防が図られた環境下での集客という相反する試みが継続されています。
弊社、デジタル地図サービス『SmartApps Map Generator』は2018年5月  に新規リリースし何度かのバージョンアップを経て現在に至っています。
ポストコロナでのデジタル地図利用者がどのような情報を必要とするのかを参加事業者と共に探すことを目的に以下の募集を実施します。

2. 応募条件
(1)デジタル地図を積極的に活用し、上記目的に賛同いただける事業者、公共団体、地方自治体やDMO等。(以下「事業体」という)
(2)参加事業体が運営するホームページが存在する事。
(3)デジタル地図上の特定ポイント(POI)等の登録のために住所情報等の基本情報を準備し、システムへの登録を行いMap Generatorを利用できる状態にすること。
※サポートは致します。
(4)運用開始後、定期的なWebミーティングの実施。(2か月に一度程度を想定)
(5)所定の応募書類の提出が必須です。

3. 応募要項
(1) 応募期間
2022年5月10日  ~2022年5月31日  
(2) 事業体選考期間
2022年6月1日  ~2022年6月10日  
(3) 事業体決定
2022年6月10日  

4. 実施期間
2022年7月1日  より2023年6月30日  までの最大1年間
※MapFanAPIリクエスト数が1年以内に60万リクエストを上限とし、到達した時点で終了となります。
※MapFanAPIの利用数は、管理者機能で確認できます。
※ご利用プランは、“Standard”プランとなり、MapFanAPI利用料を含めて無償での利用となります。

5. 事業体の選定
(1)選定方法
 事業体の選定に当たっては、応募期限までに応募があった ものの中 
 から弊社選考会にて最大2事業体選定を行います。
(2)選定基準
 選定に当たっては、以下の観点から審査を実施します。必要に応じて、
ヒアリング(遠隔によるものを含む。)を実施します。

<審査項目>
1.応募動機

2.登録予定のPOI数

3.事業体としての適格性(体制等)

4.Map Generatorの活用方法について

  (3)選定事業者数
2事業体を予定しています。

■■『Map Generator-活用実証モデル公募』の詳細■■
https://www.busica.co.jp/websol/gis/samg/seek.html

【サービス提供元】
 株式会社ビジカ Webソリューション事業部
 住所 〒110-0016 東京都台東区台東4-25-7 TX佐竹ビル5F
 TEL
 担当 樋田晴之(ひだはるゆき)
お問い合わせ https://www.busica.co.jp/form/websol.html
 URL  https://www.busica.co.jp/


このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社ビジカ

前へ | 次へ
🗾 東京都