2022年1月5日(水)  

報道関係各位


「僕はナニワの宇宙人」出版
(有)OEH55周年記念として代表の渡辺秀和が自叙伝を書き下ろしました。


■概要

テレビでおなじみ「大阪イングリッシュハウス」を運営する有限会社OEH代表が創業55周年記念に自叙伝を出版

「NHKニュース おはよう日本」などで紹介された
大阪イングリッシュハウスは、
すでに半世紀以上の歴史を持つ、
日本でも珍しい「住み込み式英会話学校」。
その3代目社長、渡辺秀和さんの初めての著書。

生まれてすぐに父親を亡くし、母とは離れて暮らす逆境の幼年時代。勉強ができず、コンプレックスに苦しんだ青春時代。そこから並外れた行動力で道を切り開き、今はビジネスで東奔西走する毎日に。やりたいことでスケジュールを埋めてしまえば、やりたくないことはしないですむ。著者独自の人生観を語る、ナニワの宇宙人社長の奔放語り下ろしの書。


(CONTENTS)
1父の時代、母の時代のイングリッシュハウス
2逆境の中で生き抜いた幼少年時代
3コンプレックスをはね返した二十代
4疾風怒濤の三十代
5イングリッシュハウスの日常
6未来に向かって種をまく


半世紀の歴史を持つ、日本で唯一の住み込み式英会話学校、大阪イングリッシュハウスの3代目ナニワ宇宙人社長が独自の人生観を語ります。発行 : 晴山書店
著者について
渡辺秀和(わたなべひでかず)
1976 年大阪府に生まれる。大阪イングリッシュハウス3代目社長。幼い時に父を亡くし、母とも離れて幼少期を過ごす。おいたちの不幸自慢では誰にも負けたことがない。同志社大学総合政策科学研究科修士課程修了。カンボジアで不動産業、泡盛の生産や牧畜、学校の設立などを手掛けるほか、フィリピンで蕎麦づくり、ウズベキスタンで貿易業など世界各地で様々な事業を展開している。50か国以上の国を歴訪。超フットワークが軽く、行動第一主義。夢は、大学をつくることとどこかの国の特命全権大使になること。

■本件に関するお問い合わせ先
有限会社OEH
https://oeh.jp

URL:


このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

前へ | 次へ
🗾 大阪府