報道関係者各位



今年5月に新型コロナで亡くなったインドの現代画家、キラン・ムルディアの追悼展を、オンライン美術館HASARDにて、11月から開催中。

キラン・ムルディアは、インド北西部ラジャスタン州ウダイプール出身の女性画家。
ウダイプールは寒暖差の激しい砂漠気候の町で、湖の中に浮かぶ、マハラジャの夏の離宮を改装した美しいホテルが有名です。生涯をウダイプールで過ごした彼女は、エキゾチックな宮殿のドームや、湖などを描いた幻想的な作品を残しました。

ウダイプール大学で絵画を学び、ニューデリーやジャイプールの数々の賞を受賞し、美術アカデミーのメンバーとして活躍。イル・ド・フランスのビエンナーレを始め、海外の展覧会にも出展。作品はインド国内の近代美術館などに所蔵され、ラジャスタン州の公立女子大学の副校長になるなど教育にも力を入れていました。

HASARDでの個展準備中に新型コロナに感染し、突如帰らぬ人となった画家を偲んで、この度追悼展を開催する運びとなりました。



【開催概要】

会 期:現在開催中 ~ 2022年2月15日(火)  まで

サイト:オンライン美術館HASARD(アザー)
    https://wam-hasard.com

展示名:「キラン・ムルディア追悼展|インド幻想風景」



【オンライン美術館HASARDについて】

2019年4月にスタートした、オンラインで世界の名画を「誰でも、無料で、手軽に」見られるサービス。常時約30展示を開催中。主な展示は下記の通り。

・ゴッホやモネなど、世界的人気画家の作品展

・「ルーブル美術館展」など、世界の有名美術館の主要作品を集めた世界の美術館展

・モネやクリムトの絵が動く、斬新な鑑賞スタイルを提供する「動く絵画展」

・プロアマ問わず、個性的な作品を紹介している「オンライン個展」



【コロナ禍のアーティスト活動支援】

オンライン個展では、下記の活動を推進しています。

・コロナ禍で活動が思うように進んでいないアーティストに作品発表の場を提供

・地方在住のアーティストに日本全国に向けて作品を発表する場を提供

・リアルの個展をPRする場として、事前または同時開催を行い、一部の作品を発表



●本リリースへのお問い合わせはこちら

オンライン美術館HASARD(アザー)
mail:

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

オンライン美術館HASARD

前へ | 次へ