京友禅ブランドSOO(ソマル)が京都市、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、日本郵便株式会社との連携事業として、京友禅手染め絹のスマートフォン拭き『SOOの年賀状2022「okuruおふきmini」高台寺柄 』を新発売します。それに先立ち、京都東山の高台寺にて門川大作京都市長のご臨席のもと、高台寺後藤典生閑静住職、奥村紹仲執事長による祈祷式典および記者発表を下記の通り開催させて頂きます。

<祈祷式典、記者発表についての詳細情報>
(1)実施内容: 京友禅手染め絹のスマートフォン拭き『 「okuruおふきmini」高台寺柄 』の祈祷
(2)実施場所: 鷲峰山高台寺(臨済宗建仁寺派)本堂  京都市東山区高台寺下河原町526番地
(3)実施時期: 令和3年11月17日(水) 午前11:00~11:30 記者発表
                       午前11:30~12:00 祈祷
(4)出席者:  門川大作京都市長、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、日本郵便株式会社、SOO
<発売開始についての詳細情報>
(1)実施内容: 京友禅手染め絹のスマートフォン拭き『SOOの年賀状2022「okuruおふきmini」高台寺柄 』の新発売
(2)販売場所: 京都市内のセブン‐イレブン約130店(予定)、京都市内の郵便局218局(予定)、 
         高台寺
(3)実施時期: 令和3年12月3日(金) 発売開始予定
(4)発売価格: 800円(税込価格880円)
(5)発売枚数: 約3,000枚(予定)
新型コロナウイルス感染症の影響で外出や往来、人と会う機会が減る中、京都の魅力を伝統産業である京友禅で発信していく為に、京友禅の染屋が本気で作った定形郵便で送れる年賀状を発表致します。今年は高台寺をピックアップし、高台寺を象徴する「夢」を図柄にした「okuruおふきmini」を制作。高台寺にて祈祷頂いた京友禅手染め絹のスマートフォン拭きを、年賀状として送れるパッケージにて販売致します。

京都東山高台寺にて11月17日11時30分より染色を行った『 「okuruおふきmini」高台寺柄 』を
門川大作京都市長ご臨席のもと、ご祈祷頂きます。
12月3日から1月10日(予定)の期間に京都市内のセブン‐イレブン約130店舗と、12月3日か
ら1月8日(予定)の期間に京都市内の郵便局218局、及び高台寺にて期間数量限定で販売致します。
売上の5%がSOOから京都市の産業振興基金に寄付され、伝統産業の振興に利用されます。
※一部店舗により取り扱いの無い場合がございます

『 SOOの年賀状2022「okuruおふきmini」高台寺柄 』イメージ

本件に関するお問い合わせ先
SOO(ソマル) 代表 日根野孝司
住所 〒602-0956 京都市上京区元誓願寺通東堀川東入西町454(株)日根野勝治郎商店内
TEL    FAX   E-mail:
ホームページ :https://soo-kyoto-soo.amebaownd.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/soo.kyoto.soo/
インスタグラム:https://www.instagram.com/soo_somaru_/

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

SOO(ソマル)

前へ | 次へ