3D PDFファイルを簡単に作成できる無償のお試し変換サービスを開始!
360度パノラマ画像にも対応

VTSソフトウェア株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:吉川慈人)は、もっと簡単に、もっと気楽に、ご自身のデータで 3D PDF ファイルを体験していただくために、無償のデータ変換サービスを2021年10月20日(水)  から開始しました。


◆ 3D PDF ファイルお試し変換サービス

Webブラウザから、メールアドレスを登録し、お持ちのファイルをアップロードすることで、3D PDFファイルに変換し、お渡しするサービスです。3回までの制限はありますが、無償で利用でき、作成した 3D PDF ファイルを関係者内で配布、閲覧し、その効果を検証することができます。

3次元形状ファイルと 360度パノラマ画像ファイルに対応しています。その文書のタイトルや説明文も挿入することができます。

対応している3次元形状ファイル

・AutoCAD Native DWG Format (.dwg)
・IGES 3D Model (.igs,.iges)
・STEP AP214 3D Model (.stp,.step)
・Polygon File Format Stanford (.ply)
・STL Format (.stl)
・Wavefront Obj (.obj,.mtl)
・Industry Foundation Classes IFC (.ifc)
・3D Studio Max Format (.3ds)
・FBX Graphics Format (.fbx)
・glTF Graphics Format (.glb/.gltf,.bin)
・VRML Format (.vrml,.wrl)


対応している360度パノラマ画像ファイル

・PNG/JPEG/TIFF/BMP
 天球画像(エクイレクタングラー形式)に対応


◆ サービス URL

 https://vts-software.co.jp/others/3DPDFService.htm


◆ ​サービス開始の背景

CADデータや数値解析結果などの3次元データの共有には、一般的に、その画像や動画ファイル、および、3次元の専用ビューワーなどが利用されています。
最近では、Acrobat Readerで閲覧可能な3D PDF ファイルを利用したデータの共有や報告書の作成も行われるようになってきました。

弊社では、これまで、英国 Visual Technology Services 社が開発した3次元の形状ファイルや360度パノラマ画像ファイルを 3D PDF ファイルに変換できるアプリケーション、PDF3D ReportGenを日本国内総販売代理店として国内のお客様に提案し、多くの皆様に活用いただいてきました。
まだまだ3D PDFファイルの知名度も低いため、この提案活動の中で、お客様から以下の声をいただくことがよくあります。

・ 3D PDFファイルの話は聞くけど、どういうものかよくわからない。
・ 自分のデータで見てみないと有益性がわからない。
・ 自分のデータが3D PDFファイルに変換できるかどうかを知りたい。
・ 実際にソフトウェアをインストールして試してみる時間がない。
・ ソフトウェアのマニュアルを読んで試してみるのは面倒。

そこで、弊社では、これらの要望に応えるために、Web上でデータを登録することで、まずは、簡単に3D PDFファイルに変換し、体験することができるサービスを開始しました。


◆ お問い合わせ先

VTSソフトウェア株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-17-8 天翔池袋西口ANNEX 213
担当 黒木
電話:
Email:
URL:https://vts-software.co.jp


このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

VTSソフトウェア株式会社

前へ | 次へ
🗾 東京都