愛媛県八幡浜産の「真鯛」と「みかん」の和風パスタソースを商品化
2021年10月14日  、農業生産法人(株)ミヤモトオレンジガーデンは、
「Makuake」において、『愛媛県八幡浜産の「真鯛」と「みかん」の
和風パスタソース』でクラウドファンディングの募集を開始します。
愛媛県産の「真鯛」と「みかん」を活用したパスタソースは、
これまでにないコラボによる新商品です。
1次産業の農業と、1次産業の漁業が、力を合わせて、
2次産業の加工品製造と、3次産業の販売に取り組み、
「農業+漁業による7次産業化」に挑戦します。

■特徴

1)全国一の生産量を誇る「おいしい愛媛県八幡浜産の真鯛」を使用
2)県内でも屈指のブランド産地である「愛媛県八幡浜産の青みかん」で味付け
3)地元の高校と漁協と農業法人によるコラボでプロが認めるパスタソースを開発

■スケジュール

2021年10月14日  ~11月14日   
 
■資金の使い道

集まった資金は、パスタソースの販路拡大に向けた費用、
真鯛以外の魚を利用したパスタソースの開発費用に使用します。

■プロジェクトの背景と想い

1+1+2+3=7
本プロジェクトは、1次産業の農業と、1次産業の漁業が、
力を合わせて、2次産業の加工品製造 と、3次産業の販売に取り組み、
6次産業化の先である「7次産業化」を目指します。

地元の八幡浜高校(商業研究部「A★KIND」)の生徒が、
コロナ禍で影響を受けた地元の水産業を応援したい、
という想いからスタートしました。

高校生が中心になってレシピ開発を行い、八幡浜特産の「真鯛」に、
隠し味としてミヤモトオレンジガーデンの「塩みかん®」を使用し、
商品の製造を八幡浜漁協のシーフードセンターで行います。

八幡浜市は、昔から「みかん」と「魚」の町と言われてきました。
高校生が主体となって、「みかん」と「魚」をつなげてくれました。
八幡浜市を象徴する自慢の逸品です。ぜひ、一人でも多くの方にご賞味頂ければ幸いです。

■プロジェクトメンバー

・愛媛県立八幡浜高等学校 商業研究部「A★KIND」
・八幡浜漁協 シーフードセンター八幡浜
・農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン
  
<特別協力> 東京第一ホテル松山 統括調理長 上野拓真様

・野菜ソムリエプロ  玉之内祐子様・知久幸子様

当社は、お客さま、お取引先、従業員とその家族全ての生活者に、
みかんや農業を通じて喜んで頂きたいとの想いがあります。
また、みかんだけでなく、野菜果物の新しい価値創造に努めてまいります。

今後も引き続き、世界最高品質のみかんを目指して、おいしく、
安心安全、高品位・高付加価値のみかんづくりを研究・実践し続けます。

また、グローバルGAPおよびASIA GAPへの取り組みを通じて
SDGs・持続可能な農業を実現し、GAP普及に向けた支援を積極的に行い、
地域貢献、および農業界の発展に尽力いたします。

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

農業生産法人株式会社ミヤモトオレンジガーデン

前へ | 次へ
🗾 愛媛県