創業明治25年老舗バッグメーカーのヤマト屋(東京都台東区蔵前)は、百貨店のハンドバッグ売り場や通信販売を、中心にF3層のお客様が中心でしたが、、インスタグラムを活用して、F2層へのファンを増やし始めている。
6人のインスタグラマーと共同開発をした、ポリカーボネート薄合皮新シリーズ(特許取得済み|ポリカーボネート薄合皮バッグ 特許登録 5087215号)を、2021年7月1日  に販売開始


◆ターゲット層をシフトするのではなく広げる商品づくり
F3層に根強いファンが多いヤマト屋のバッグですが、F2層にファン層を広げる事で、3世代でお使い頂ける事を目指しています。
若い層にお使い戴くことで、口コミだけではなく、SNSなどを利用した情報の共有やをしてもらえる事を期待しています。
極力シンプルなデザインにして、軽く・柔らかく・機能性に富んだバッグがヤマト屋の特徴ではありますが、F2層が使いたくなるデザインを、インスタグラマー6人と創り出しています。

◆本音で話し合う、YAM-T(ヤムティ)ミーティングは毎月実施
YAM-T(ヤムティ)とは、ヤマト屋ミーティングチームの略ですが、ヤマト屋のInstagramを毎日更新している6人のインスタグラマーのチーム名です。
旅好き・ファッション好き・キャリア女性・専業主婦・子育て、様々な個性の集まりで、リアルに自分が使いたいバッグを、本音で意見を出し合います。サンプルが完成すれば、姿見でその都度確認をして、ミリ単位の幅を調整しながらバッグを作り上げていきます。
春夏・秋冬展示会に向け、ヤマト屋ショールーム(東京都台東区蔵前)で毎月実施しています。

◆軽く・柔らかく・美しく・実用的で洗濯ができるバッグでないと使わない
新シリーズの『NV211』は、今までのヤマト屋にない、単色の迷彩柄をシボの深さだけで、柄にしているシンプルだけれどエレガントなシリーズ。
持った時に、女性がワクワクし、少し格好つけたくなるようなそんなシリーズ。
軽く・柔らかく・美しく・実用的なのは、女性は嬉しいポイントです。
コロナ禍で洗濯機で丸洗いできるのは、安心ポイントです。



NV211シリーズ(全7型)※2021年7月1日  販売開始
エレガントカジュアルなレディースバッグ
エレガントでカジュアルな大人の質感。今までのヤマト屋になかったテイスト。
正統派なシンプルさで使うシーンを選ばない
特別な日、きちんとしたい日、いつもよりおしゃれしたい日、ラフに過ごしたい日もどんな日も愉しく

特集ページ:https://gigaplus.makeshop.jp/08210407/page/nv211/nv211serieslp.html


本リリースに関するお問い合わせ

株式会社 ヤマト屋
TEL: メール:
〒111-0051 東京都台東区蔵前3-14-5 大江戸ビル(全館)



このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

老舗ヤマト屋

前へ | 次へ
🗾 東京都