きのこが靴下のあれこれを紹介する漫画展
漫画家(イラストレーター )の「フクミヤサオリ」と靴下専門店の「六本松のくつした屋夫婦」が延べ30時間以上のオンラインミーティングで完成させた
子供でもわかりやすく、大人も楽しめる靴下漫画


現在、日本では海外製の廉価な靴下が流通の約9割を占め、
使い捨ての消耗品とみなされるまでになっています。


六本松のくつした屋さん How’s Thatでは2019年のオープン当初より
ただ靴下を販売するだけではなく、
生産者だからこそできる「伝える」を大切にしてきました。

私たち作り手は「いいものを作る」のは当たり前であって
その作ったものを「きちんと伝える」責任があると考えています。

店内には生産過程の状態のもの、機械の部品なども多く展示しています。
お客様にはそれらを見たり、触ったりしてもらいながら、
職人の想いやこだわりといった靴下の生産されてきた背景を説明しています。

今回の漫画展もその一環です。

毎日履くものだけど意外と何も知らない「靴下」
でも実はたくさんのストーリーが秘められてる「靴下」


きのこによる靴下紹介漫画、今回は入門編

「靴下の歴史って?」

「日本一の靴下生産地とその理由」

「靴下はそもそもインナー?アウター?」

「靴下ってどうやってできるの?」


おもしろく、かわいいきのこを通して、靴下に興味を持っていただければ幸いです。

これを読んだ人は次の日から間違いなく「実は靴下ってさ…」と靴下のあれこれを話したくなるはずです。

身近すぎて気にも留めた事のない「靴下」について、皆さんの価値観を変えてみませんか。


場所:六本松のくつした屋さん How’s That店内(福岡市中央区六本松1丁目4-11MM202)

期間:9/18(土)〜10/3(日)

時間:11:00~18:00

漫画家フクミヤサオリ在廊:9/18(土)19(日)25(土)26(日).10/2(土)3(日)(予定)


六本松のくつした屋さん How’s That
福岡市中央区六本松1丁目4-11MM202
不定休 11:00~19:00
綾部舜(アヤベシュン)
電話:
メール:
公式LINEアカウント:https://lin.ee/XOfJFKl

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

六本松のくつした屋さん How’s That

前へ | 次へ