熊本県天草市の漁師と農夫が合同で設立したOctEF合同会社(熊本県天草市、代表:筒井永英、原田里奈)は、2021年7月7日  オンラインショップ「海と山のめぐみとあそびのマルシェnarino(以下、ナリノ)」をオープンします。


ナリノの設立を記念し、希少なバージンオイスターを育てて味わえる「マイオイスターファーム」を募集いたします。


▼海と山のめぐみとあそびのマルシェ narino joie :  https://narino-joie.studio.site/od/ebisu/myoyster


■マイオイスターファームとは


バージンオイスターとは、産卵を一度も迎えたことのないカキのこと。稚貝から育てた真ガキを、産卵前に収穫し味わう会がマイオイスターファームです。


マイオイスターファームの会員さまは、カキ養殖を稚貝の選定から体験し、養殖カゴの中で成長する様子を見守ります。


翌年の初夏、産卵期を迎える頃に収穫したカキを味わっていただきます。


■マイオイスターファームの3つのポイント


マイオイスターファームの会員になると次の3つの体験が可能です。


1.希少なバージンオイスターが味わえる

​バージンオイスターは通常のカキと比べると小ぶりですが、一度も産卵を経験したことのないフレッシュなカキは、ほとんど流通していません。

カキは産卵回数が少ない若い個体ほど臭みが少ないのが特徴です。産卵期を迎える直前に収穫するものが、もっとも味わい深くなります。


​2. 「自分の」カキを育てる楽しみを味わえる


マイオイスターファームの醍醐味は、自分で選定した稚貝が成長する様子を見守れることです。マイオイスターファームの会員さまには、カキの成長の様子を写真でお届けします。


カキの成長スピードはとても早く、見るたびに大きくなっているのを感じられるでしょう。成長を見守っていたカキを収穫し味わう体験は、店頭に並んだカキを食べるのとは違う楽しみがあります。


3. 日本ではめずらしい方式で養殖されたカキを味わえる


マイオイスターファームのカキは、シングルシードという方式で養殖します。ロープに連ねて養殖する一般的な方式と異なり、専用のバスケットで育てるシングルシード方式では1つ1つのカキに栄養が行き渡るため、形がきれいに育つと言われています。


マイオイスターファームの会員さまは、日本では少数派のシングルシード方式で養殖したカキをお楽しみいただけます。


■概要■

・名称:マイオイスターファーム
・応募期間:2021年7月7日(水)  〜
・申込方法:オンラインショプよりお申し込みください。
https://narino-joie.studio.site/od/ebisu/myoyster


・プラン:カキの収穫ができる体験プランと宅配プランがあります。
・金額:12,050円〜(税込)


■OctEF合同会社について

OctEF合同会社は、熊本県天草市の漁業者・恵比須丸(代表:原田奨)と柑橘農園の運営等、農業を中心としたサービスを展開するfao agrocommunication(代表:筒井永英)が合同で設立した販売会社です。


合同会社設立に至った背景について:https://www.fao-agro.biz/column/TJKqih-c

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

前へ | 次へ
🗾 熊本県