住んでいる場所に縛られず、有益な情報を発信・受信できる「オンラインサロン」。実際に入会している人が考える「地域性」とは。

法人向けオンラインサロン制作・開発業務を専門で承る株式会社ビルドサロン(本社:東京都新宿区、代表取締役:上村 十勝)は、2021年4月  、オンラインサロン利用者の「地域性」に特に着目した最新のアンケート結果を一般公開しました。

オンラインサロン開発専門事業者である株式会社ビルドサロンが、2021年4月  に行った最新意識調査「地域性」に焦点を当てたアンケート結果を公表しました。


■ 調査概要
・調査日時:2021年4月12日  
・調査対象:オンラインサロンに入会している、または入会する予定がある方80名
・調査項目:オンラインサロンの地域性意識調査
・詳細データ:記事下に記載

この調査はオンラインサロンに入会している、またはする予定があるという前提条件で募集した男女80名に対して行われました。


■あなたが現在入会しているオンラインサロン名を教えてください。(複数ある場合は箇条書きで)

・有名オンラインサロン入会中 37.5%
・中堅、小規模オンラインサロン入会中 33.8%
・今後入会する予定 25.0%
・以前会員で、現在は退会済み 3.75%

有名オンラインサロンと中堅・小規模オンラインサロンの会員パーセンテージが拮抗していることから、必ずしもテレビ出演があるなどの有名人のサロンのみが盛り上がっているわけではない様子がうかがえる結果となりました。


■あなたが今後のオンラインサロンに期待するのは、次のどちらですか?

・住んでいる地域に密着した情報交換やお得情報 56%
・住んでいない地域に関する情報収集やお得情報 44%

今現在居住している地域に関するオンラインサロンに興味がある方が多いものの、住んでいない地域に関するオンラインサロンへの興味関心も同様に高いものであることがわかります。


■住んでいる地域に密着した情報交換やお得情報と答えた方への詳細アンケート

〈現在の居住地域)
・関東・甲信越が29名と最も多く、次いで
・四国地方
・北海道、東北北陸地方
・海外在住
・九州地方
と続きました。

現在住んでいる地域に関するオンラインサロンの最も興味がある内容は?

・観光情報 26.3%
・ショッピング 27.5%
・行政情報 28.7%
・子ども・子育て 17.5%

4つの設問すべてにほぼ分散する形で回答があり、地域に関して突出して何かのコンテンツが人気、というよりは地域の様々な事柄すべてに満遍なく興味がある方が多いことを伺わせる結果となりました。

お住まいの地域に関する、「こんなオンラインサロンがあったら入会したい」と思うアイデア

・様々な分野の専門家の意見を聞くことができるサロン。できれば、直接質問したい。
・子供と無料で楽しめる施設の紹介や実体験に基づいた最新の育児方法が紹介されるサロンがあったら知りたいです。
・県が運営するオンラインサロン 子供手当や情報請求といった身近な行政をサロン会員限定で紹介するような窓口を作ってほしいです。
・オンラインサロン内のメンバーで、好きな時間に会話ができるようなクラブハウスのようなツールがあるもの。
・地域内の異業種の方と交流することで新たなビジネスチャンスが得られるオンラインサロン。
・お得に利用できる店舗などを紹介してくれてクーポンを配布してくれるようなサロン。
・救急処置、応急処置の定期的な情報または技術的な講習会のお知らせなど。

ビジネス、行政、友人作り等実に多種多様なジャンルに関して言及があり、オンラインサロンに色々な可能性があると考える方が多いことを感じさせる回答が得られています。

■住んでいない地域に関する情報収集やお得情報のオンラインサロンを選択したグループへの詳細アンケート

〈現在の居住地域〉
・関東・甲信越が15名と最も多く、次いで
・四国地方
・北海道、東北北陸地方
・海外在住
がほぼ同数で並びました。

現在住んでいないが、この地域に関するオンラインサロンに入会してみたい、として挙げられた地域は
秋葉原・京都など国内の有名観光地を挙げた方が最も多く、
次に韓国・ヨーロッパなど、海外の国が偏りなく分散してあげられていました。
1名のみ、地域に関するオンラインサロンではあるが、テーマは世界中のいろいろな国について知ることができるサロンが良い、との回答がありました。

現在住んでいない地域に関するオンラインサロンを選んだ理由は?

・単に興味がある 75.6%
・観光情報 16.4%
・住む予定がある 8.0%

突出した興味、事柄ではなく、その地域に「単に興味がある」から、という返答が7割以上を占めるという意外な結果になりました。
住んでいる地域に関するオンラインサロンを選択した人への設問でも回答がほぼ平均的に分散したことと合わせ、
「地域そのものがコンテンツとして認識されている」のではないか、と推測できる回答結果となっています。

選んだ地域に関する、「こんなオンラインサロンがあったら入会したい」と思うアイデア

・地域に密着した内容は、地元だから情報収集をしやすいので、国外、地域外の詳しい情報を知りたい。インターネットで様々な情報を検索することができますが、信用のある情報なのか?というところはインターネットでは分からない部分があります。だからオンラインサロンなど限られた人、同じコミュニティに属する人達の間で、より信用できる情報を安全に、安心して、簡単に得られると良いと思いました。

・秋葉原を語るオンラインサロン

・移住に関するコミュニティ情報を提供してくれるサロンがあれば入会してみたいです

・旅先で飛び入りできるマラソンサロン

・目指してる資格試験のオンラインサロンです。

・幅広く日本について知れて、趣味に関する事など、それぞれの場所にしかない事を知れるような場所があったら嬉しいです。

・定年後に移住したい人たちのサロン

自由設問では、住んでいる地域に関するもの同様、幅広いジャンルにわたってオンラインサロンの可能性への期待が見られる回答が得られています。

ビジネスやスキルアップといったオンラインサロンの初期のイメージの垣根を越えて、現代のサロンユーザーたちはオンラインサロンに様々なジャンルの可能性を感じていることが伝わってくる回答内容となっています。

■ アンケート総括

今回の80名アンケートは、オンラインサロンに対する印象に関して、「地域性」という今までになかった切り口で行われました。
様々な設問に自由に回答して頂いた結果、地域というコンテンツに対してオンラインサロンができることや可能性へと、想像以上に多岐にわたり大きな期待が寄せられている様子が浮き彫りになったのではないかと考えております。

交流、ショッピング、ビジネスチャンス、そして行政情報の共有まで。
地域そのものを魅力あるコンテンツととらえ、オンラインサロンというキッチンで楽しみながら調理してゆく…そんな最新のユーザー心理を、このアンケート結果から感じていただけるのではないでしょうか。

ビルドサロンはこれからも様々な視点から、常に新鮮なオンラインサロン情報を引き出し、皆様のご活躍の一助に活用して頂けるよう引き続き尽力して参ります。

〈アンケート対象詳細データ〉

男女比(80名中)
男性: 47名
女性: 33名

年齢層分布
男性
20代 25.2%
30代 27.3%
40代 40.2%
50代 6.3%

女性
20代 24%
30代 25%
40代 40%
50代 11%

--------------------------------------------------------------------------------------

■ リリースと取材に関するお問い合わせ

本社HP: https://buildsalon.co.jp
メール:
電話: (代表)
お問い合わせフォーム: https://buildsalon.co.jp/contact
公式LINE: https://lin.ee/psX1A0C

--------------------------------------------------------------------------------------

■ ビルドサロンの事業内容

株式会社ビルドサロンは、オンラインサロンの専門事業者です。オンラインサロン制作業界 No.1。
・自前オンラインサロンの開発及び制作事業
・オンラインサロン運営代行業務
・既存オンラインサロンのページデザイン
・オンラインサロン関連 CMS プラグインの開発
・既存ブログからのコンテンツ移行作業
・その他会員制サイトの受託開発業
・オンラインサロン運用ブログの運営
https://buildsalon.co.jp/blog

取材歓迎しております。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
社名: 株式会社ビルドサロン
部署: マーケティング部
WEB: https://buildsalon.co.jp
MAIL:
電話:
FAX:
公式LINE: https://lin.ee/psX1A0C
住所: 〒162-0042 東京都新宿区早稲田町12-5 クロステレビ ニュー早稲田ビル 5階
お問い合わせ: https://buildsalon.co.jp/contact
会社概要: https://buildsalon.co.jp/company

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

ビルドサロン