医療機器のOEM/ODM(相手先ブランドによる生産)製品の開発・製造を手掛ける、太洋工業株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:佐野仗太郎)は2021年1月14日(木)  、新型コロナウイルスの感染対策商品として、自社ブランド「UNIPROMEX」(ユニプロメックス)より持ち運びできるマスク除菌ケース「紫外君」の販売を、クラウドファンディングにて開始しました。片面ずつ除菌する「シングル照射タイプ」と、両面を同時に除菌する「ダブル照射タイプ」の2種類を、10パーセントオフの特別価格で提供します。

▼クラウドファンディングページ|READYFOR
https://readyfor.jp/projects/unipromex

▼UNIPROMEX(ユニプロメックス)|公式サイト
https://www.unipromex.co.jp/


■「安心の日本製」をコンセプトに、厳しい外部試験を経て11月より発売

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、2020年春、国内は突然のマスク不足に陥りました。薬局でマスクの品切れが相次ぎ、新しいマスクが手に入らないことから、多くの人が手持ちのマスクを干すなどして再利用せざるを得ない状況が続いていました。

そのような中、長年医療機器の生産に携わってきた太洋工業では、強力な殺菌効果が広く知られている紫外線(UV-C)でマスクを除菌できるのではと、リサーチを開始。日本ではまだ紫外線を利用した除菌ケースが作られていないことを知り、自社での開発に着手しました。試作を繰り返し、数か月後にマスク除菌ケース「紫外君」は完成。「安心の日本製」をコンセプトに、11月より販売をおこなっています。

■USBで充電可能、スマホ・イヤホン・アクセサリー・鍵などの除菌にも有効

「紫外君」の最大の強みは、スピーディーな除菌力です。類似製品の多くが除菌に10分程度を要するのに対し、約半分である5分での除菌を実現。高出力UV-C LEDを複数搭載することで、短時間で、しかも広範囲を除菌できる製品を作りあげることに成功しました。完成後、性能評価試験を一般財団法人 北里環境科学センターに依頼。その結果、ウイルスを99.99パーセント抑制することが証明されています。

気軽に持ち運びができるよう、小型化にも注力。マスクをトレーに入れてボタンを押すだけで、いつでもどこでも除菌することができます。USB充電タイプなのでパソコン、モバイルバッテリー、車載のUSBポートで充電が可能。マスク以外にも、スマートフォンやイヤホン、アクセサリー、鍵などの除菌にも効果を発揮します。


■クラウドファンディングは3月末まで、リターンは10パーセント割引の特別価格

「紫外君」のラインナップは、片面ずつ除菌する「シングル照射タイプ」(税込9,900円)と、両面を同時に除菌する「ダブル照射タイプ」(税込13,200円)の2種類。より多くの方に、有効な感染対策の一つの方法として知ってもらいたいと、クラウドファンディングでも販売することにいたしました。

クラウドファンディングのコースは、8,910円(税込)と11,880円(税込)。「シングル照射タイプ」と「ダブル照射タイプ」を、READYFOR特別価格の10パーセントオフにて提供します。期間は2021年3月31日(水)  まで。今回のプロジェクトに使用した開発費や材料費を賄い、より役立つ製品を生産していけるよう、積極的に支援を募ってまいります。


■太洋工業株式会社について

所在地:〒213-0032 神奈川県川崎市高津区久地1-36-1
代表取締役 佐野仗太郎
設立:1987年4月  
電話番号:
URL:http://www.taiyo-i.com/
事業内容:医療機器OEM/ODM製品の開発製造・自社製品の開発・製造・販売

■お問い合わせ先

企業名:太洋工業株式会社
担当:広報担当者まで
TEL:
E-mail:

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

太洋工業株式会社

前へ | 次へ
🗾 神奈川県