令和2年12月現在、第3波到来と、今後ますます心配となってくる新型コロナウィルス。
これまで当たり前だと信じて疑わなかった、皆で過ごす学校生活。週末のイベントやスポーツ観戦などは相次ぐ中止や規模縮小。
特に一生に一回しかない学生生活や、これから控える成人式や卒業式、入学式を従来の形で開催できない現実は、私も子を持つ親として、胸が痛いです。

「来年こそ全員参加の卒業式や入学式などの学校行事を開催させてあげたい」
「with コロナの新しい時代、不特定多数の人が集まる場所にも、安心をお届けしたい」

そんな想いから生まれたのが、オゾンゲートです。

オゾン(O3)とは強力な酸化能力を持ち、分解の際に、菌や臭い・汚れの素となるものと酸素原子(O)が結合することで、除菌・脱臭等に効力を発生します。

ダイアモンドプリンセス号で防護服を着た作業員が船内を消毒していましたが、消毒に使われていたのがオゾンです。
オゾンは非常に高い殺菌能力を持ちますが、オゾン濃度が高い状態は有害であり、人体に大きな影響を与えることから、有人環境では実用までに至っていないのが現状でした。
しかし、9月に藤田医科大学が世界で初めて「安全な低濃度オゾンガスで新型コロナウイルスを不活性化できる事実」を発見し、今まさにオゾンが持つ可能性が注目されています。

オゾンゲートは、「噴霧」「吸込」の各ゲートを建物入口で対に置き、頭上をダクトでつないで使用します。
噴霧ゲートは、高電圧で発生させた人体に影響がない低濃度のオゾンガスを十数秒間噴射し、身体や頭髪に付着したウイルス(コロナウイルスは皮膚上で9時間、衣類や金属では最大9日間付着したまま生存します)を払い落とし、反対のゲートで吸い込みます。吸い込んだ空気をダクトで循環させ、浄化しながら噴霧ゲートへ送り返します。
噴霧ゲートには、オゾン発生時に排出する窒素酸化物の除去機能も備えられており、高品質なオゾンの空気の流れを可能としました。
高さ・幅ともに2m、奥行き70cmのスペースがあれば設置が可能です。総重量は約40kgで、台車に載せて運ぶことも可能であり、これまでにない建物入館時のウィルス侵入を抑える装置です。

愛知県豊橋市にあるo3peaceオゾンラボでは随時体験会を実施中。

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

前へ | 次へ
🗾 愛知県