近年、退職を受理(承諾)しない会社に対して、労働者の代わりに退職交渉を行う「退職代行サービス」が話題となっています。

新型コロナウイルスの影響もあり、ホワイトだった企業もブラック化、労働条件が悪化したり、会社から強い引き留めを受けたり、なんとなく辞めづらい雰囲気だったりして、辞めたくても辞められない人が増えています。

労働事件に特化したホワイト法律事務所では、このように、一人では退職交渉が難しい方のご相談・ご依頼を多数受けてまいりました。

弁護士であれば、ご依頼者様と会社を仲介し、適切に退職交渉を行うことができますが、近年では、非弁護士の退職代行サービスも乱立しています。

・どの退職代行サービスを使えばいいのかわからない

・弁護士でない業者が、本当にきちんと退職処理をしてくれるか不安

疑心暗鬼になってしまう方も多いと思います。
実際、弁護士ではない退職代行業者には、法的にも実務的にも、数多くの問題点が存在します。

労働問題を中心に取り扱ってきた経験上、弁護士ではない退職代行業者に依頼するくらいなら、ご自身で何とかして退職されたほうが良いというケースも多いです。

そこで今回、非弁護士の退職代行サービスを使わなくても、皆様おひとりで、今後出社することなく退職交渉できる「合法バックレツール」の提供を当事務所ウェブサイトにて、無料で開始しました。(国内初)

▼ホワイト法律事務所退職代行特設ページ https://law-white.com/taishoku/

このウェブサイトでは、非弁護士の退職代行サービスを使わなくても、皆様おひとりで、今後出社することなく退職交渉できる、合法的なツールを提供します。

フォームに必要事項を入力するだけで、退職届を含め、送付状・残務引継ぎ書類等を全て自動生成し、一人で郵送、eメール、FAX等だけで退職することができます(退職時のリスクや対処法も解説しています。)

その他、休職申請や内定辞退の代行サービスや、関連する無料ツールの提供もしておりますので、ぜひ一度弊所ウェブサイトをご覧ください。

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

ホワイト法律事務所

前へ | 次へ