株式会社スパイダー・ウェブマーケティング(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:大本 祐介、以下弊社)は、代理店・制作会社・システム会社などに対して広告主へ提案する際のマーケティング支援を行うサービスを2019年1月より提供開始致しました。

※サービス詳細のお問い合わせ先:

【サービス提供開始の背景】
弊社は主に通販会社のデジタル領域のマーケティング支援を行っております。
事業戦略の見直しから新規通販事業の立ち上げ支援、またそれらに不随する広告運用代行やECサイト・LPのクリエイティブ戦略の構築などを行っております。

広告主への提案にあたり広告代理店や制作会社、システム開発会社などと協業して行っているケースがございます。その中で各社からマーケティング部分の提案支援についてご要望を頂くことが多かったため、この度サービス化を致しました。

【サービスの概要】
代理店や製作・システム会社と協業し、広告主への広告・クリエイティブ戦略の提案支援を行っています。

代理店との協業事例としては、よりマーケティング要素の強い広告・クリエイティブ戦略の提案を求められている広告主に対して、市場調査・競合調査データを分析しその広告主の市場における立ち位置を明確化した上で、理想とのギャップを埋める戦略ロジックの提供を行っています。
また、コンペ段階からの提案支援として参画し受注率向上のサポートを行っているケースもございます。

制作・システム会社に対しては広告領域全般の提案支援や、こちらで広告戦略と紐づけたUI・UX改善提案を行わせて頂き、受注後の広告運用代行と、制作・開発を分業して行っているケースもございます。

実績企業の業種は幅広く、化粧品・健康食品・インテリア・アパレルなどの通販企業や金融、B to Bサービス、エステ、スポーツジムなどがございます。


<メリットについて>

結論、これまでその会社で受注ができていなかった領域の仕事も受注することができるようになります。

よくあるケースとしては、代理店は広告運用はできるが、市場・競合調査データを分析してクリエイティブ戦略まで落とし込み、総合的な戦略の構築が苦手だったりする場合がございます。
また、制作・システム会社の場合は、良い制作物・開発はできるのですが、市場データや広告運用実績など数字から逆算したものを作るのが苦手だったりします。

弊社では業種を問わず様々な企業のマーケティング支援を行ってきておりますので、そちらのノウハウを基に各社の不足している部分に対して補完的に提案サポートをご提供することができます。


【今後の展望】
今現在、広告代理店、制作会社、システム開発会社の協業先を募っております。
協業ご希望の企業様はお気軽にお問い合わせください。


■会社概要
商号   :株式会社スパイダー・ウェブマーケティング
代表者  :代表取締役社長 大本 祐介
所在地  :〒171-0022
東京都豊島区南池袋1丁目16番20号 ぬかりやビル6F
設立   :2018年9月
事業内容 :デジタル領域におけるマーケティング支援、広告代理業、市場調査、ウェブ制作など
資本金  :100万円
取引銀行 :株式会社三井住友銀行
URL     :http://www.spider-webmarketing.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社スパイダー・ウェブマーケティング
担当者名:広報担当
Email:

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社スパイダー・ウェブマーケティング

前へ | 次へ
🗾 東京都