キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅)の子会社である
保育ICT株式会社(本社:東京都渋谷区、以下、「保育ICT」)は、
東京ガス株式会社(本社:東京都港区、以下「東京ガス」)と保育ICTの提供する、
保育園・幼稚園向け業務支援システム 「Hoisys(ホイシス)」 の販売などに関して、
業務提携に係る契約を締結いたしました。


■ 概要
保育ICTは、保育園内の業務をIT/IoTによって効率化しを行い、
保育士の業務負担を軽減するためのシステムである 「Hoisys(ホイシス)」や、
午睡中の死亡事故(SIDS ※1)の防止を目指すベビーセンサー「シエスタBeBeスマート」と
連動できる睡眠チェックアプリ「Hoimin(ホイミン)」を提供しています。
現在、北海道から沖縄までの全国の保育所に対して、積極的に販売を展開しております。

東京ガスは、ガスや電気、サービスの提案を、
ご家庭向けに加えて業務用のお客さま向けにも積極的に行っております。
保育園向けにもガスや電気および厨房機器の販売を同社は行っており、
保育園業務の支援などサービスラインナップを充実させたい意向がありました。


■ 提携内容について
今回両社は業務提携し、保育ICTの提供する「ホイシス」を、
東京ガスが保育園向けに販売することになりました。
保育ICTは、東京ガスが持つブランド力や強力で安定した販売チャネル・販売力を活かすことができ、
マーケットシェアの拡大を図ります。

また、東京ガスは従来のガス・電気に加えて ICT化の側面から提案を行うことが可能になり、
保育園に対する支援サービスをより強化させることになります。
保育ICTは今回の提携をきっかけに、 全国で3000箇所以上の保育園でのホイシスの導入を目標としています。


■ 今後の計画について
今後の計画として、
 ホイシス上で、東京ガスが取り扱う厨房機器やガス・電気を、保育園に紹介していくなどの販促
 保育園や保護者向けの新規サービスの開発
などを検討・推進していく予定です。


■東京ガス株式会社の概要
「エネルギーフロンティア企業グループ」として、
「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に貢献するため、
都市ガスの製造・供給および販売、電気の製造・供給および販売などを中心に事業を展開しています。
https://www.tokyo-gas.co.jp/


■保育ICT株式会社の概要
「保育業界をもっとよくする」を理念として、
IT/IoTにより保育園や幼稚園の業務を支援することを目的に設立された会社です。

【事業内容】
・保育園・幼稚園向け業務支援システム「Hoisys(ホイシス)」の開発、販売
・睡眠センサー「シエスタBeBe」「シエスタBeBeスマート」の販売代理店
・睡眠チェックアプリ「Hoimin」の開発・販売

<保育業務支援システム ホイシスついて>
登降園管理、保育計画・保育日誌の作成、午睡チェック、延長料金計算などの
保育園・幼稚園内での業務を便利にする機能を、
パソコンやタブレット端末上で簡単に操作できるクラウドサービスです。
「Hoisys(ホイシス)」を月額5,000円~(1園あたり)で提供しています。
※厚生労働省「ICT補助金」、経済産業省「IT導入補助金」などの補助金も対象になっております。
詳細は、こちら(https://hoiku-ict.com/hoisys/)をご覧ください。


<睡眠チェックアプリ ホイミンについて>
保育園内でのお昼寝中の死亡事故を防止するため、
睡眠センサー「シエスタBeBeスマート」と連動したアプリケーションを開発・販売しております。
詳細は、こちら(https://hoiku-ict.com/hoimin/)をご覧ください。


※1 SIDS(乳幼児突然死症候群:Sudden Infact Death Syndrome)とは

予兆や既往歴もないまま、乳幼児が死に至る原因不明の病気です。
平成28年度には、一年で109名の子どもたちがこのSIDSで亡くなっており、
乳児期の死亡原因としては第3位に挙げられますが、現在予防方法は確立していません。



■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 CSV企画部
広報担当:前田

TEL: FAX:

保育ICT株式会社
担当:堀田

TEL: FAX:

〒150-6031 東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階



発行者について

キャスレーコンサルティング株式会社