平成30年西日本豪雨災害及び7月豪雨の影響により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。


今回の被害状況を踏まえ、キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は
弊社がシステム運営を行う“都道府県災害ボランティアセンター”の無料開放を行いました。

ボランティアを募集したい自治体や社会福祉協議会、NPO団体の皆さま、
ボランティアに参加したい個人の方、また、ボランティアを支援したい
事業主の方は、ぜひ都道府県災害ボランティアセンターをご活用ください。


都道府県災害ボランティアセンターは、募金、物資、ボランティアなどの支援を必要としている方々と、
それらの支援を行いたい方々を直接結びつける情報プラットフォームです。



また、都道府県災害ボランティアセンターには、
弊社の企業理念であるCSV(Creating Shared Value) : 共益価値の創造の観点から、
被災地域の事業主様または有志の方々が、ボランティアに参加される方々をサポートするための「ボランティア向けお得サービスの登録」機能を有しております。

ボランティアに紐づく宿泊施設や移動手段などの情報をワンストップで提供することで、
・ボランティアの負担軽減
・お得サービスを提供する被災地域の事業者様への経済効果
を創出し、支援活動、復旧・復興活動がより推進されるよう経済価値と社会価値が両立する仕組みを取り入れております。

被災地域の事業主様・有志の企業の皆さまは、是非ご活用下さい。



なお、本サービスはすべてのユーザ様に無料開放致します。

現在は人命救助が最優先されているため、募金や物資の支援依頼がメインとなると思いますが
人命救助の次の段階となるボランティア募集の段階においても、引き続きご利用頂けましたら幸いです。


一刻も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。




■本リリースに関する連絡先

キャスレーコンサルティング株式会社
CSV企画部 CSV/CSR推進室
広報担当:前田



〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階

TEL: FAX:



発行者について

キャスレーコンサルティング株式会社