■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
シーネット、2017年度もWMSパッケージ出荷金額で第一位に
7年連続WMSパッケージシェアNo. 1を達成
より高度化する企業の物流戦略をソリューション提供で着実に支援
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ci.Himalayas(シーアイ・ヒマラヤ)のブランドでクラウド型倉庫管理システム(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット 本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:西村正哉)は、6月25日付発表の株式会社ミック経済研究所による2017年度の年次出荷実績調査においてWMSパッケージ出荷金額第一位である事が判明いたしました。
これによりシーネットでは、同調査において2011年度から7年連続WMSパッケージシェアNo. 1の記録を樹立いたしました。

産業の諸側面において人出不足の問題が深刻化するなか、現在ではサービス業・運輸業・倉庫業・流通業のみならず製造業・建設業等様々な業界・業種で物流効率の改善が急務となっています。
シーネットでは、倉庫管理業務のシステム化によるリアルタイムな情報の【見える化】や【省力化】、そして音声・画像・AI・IoT等を応用した【作業効率化】のソリューションをワンストップで提供する事により、高度化する各企業の物流戦略を現場からサポートしてまいります。

2017年度 シーネット クラウド型倉庫管理システム
ci.Himalayas/WMS の導入実績
https://www.cross-docking.com/news/20180626/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【株式会社シーネットについて】
1992年の創業以来、物流一筋にシステム化による業務効率化と品質向上に取り組んできた、倉庫管理システムのパイオニアです。自社開発、自社マーケティングの効率的な体制により、多様な業界・業種・業態の物流現場が抱える課題に常に最適解を提示、現在は、信頼のWMSをクラウドで提供し、SCMの【見える化=KPI管理】をサポートしています。また、国内・海外のグループ企業を通じ、物流管理のシステム化によるSCM構築と現場作業の効率化の両面から日本とアジアにおける企業活動をサポートしています。

会社名: 株式会社シーネット
設立:  1992年1月
代表者: 代表取締役社長 西村 正哉
URL:   https://www.cross-docking.com
事業内容:物流システム研究開発・販売、
     物流システムクラウドサービスの提供

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


発行者について

株式会社シーネット