━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スリーワンシステムズ、潜在クラス分析ソフト「Latent GOLD」日本語版を2018
年7月17日にリリース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ソフトウェア販売事業を手掛けるスリーワンシステムズ株式会社(所在地:中央
区日本橋大伝馬町、代表取締役:坂本仁、TEL: 、URL: https://
its.tos.co.jp/)は、2018年7月17日(火)より、米国Statistical Innovations社
が開発した潜在クラス分析用の統計ソフトウェア「Latent GOLD(レイテントゴ
ールド)」バージョン5.1(日本語版)の販売を開始します。

製品体系としては、基本プログラムであるBasicをベースに、Choice、Adv/Syntax
という2つのアドオンのオプションが用意されています。ライセンスは、永年ラ
イセンスと年間ライセンスの2種類から構成され、一般向け、教育機関向け、学
生向けなど様々な形態を用意しています。価格は一般向けのBasicが永年ライセン
ス239,000円(税別)、年間ライセンス99,000円(税別)で利用でき、ボリュームディ
スカウントも用意しています。

「Latent GOLD」は、潜在クラス分析および混在モデル用に開発されたソフトウェ
アで、使いやすいインターフェイスを持ち、マウス操作で利用することができま
す。また、膨大な計算量を高速に処理することができる点も特長の一つになって
います。

潜在クラス分析は、個々に蓄積された膨大なデータ(BigData)の中から、カテゴ
リー変数間の関係をもとに観測対象ごとにクラス分けを行う手法です。
Latent GOLDでは、カテゴリー変数だけではなく、離散的なカウント変数や連続
変数も取り扱うことが可能です。潜在クラス分析は母集団が異質集団の混合であ
ると想定していることから、マーケティング分野でのセグメンテーションからタ
ーゲティングのためのツールとして広く活用されています。データーサイエンテ
ィスト、アナリスト向けにも最適なツールとなります。また、医療・ヘルスケア
分野においても利用が広がり、今後BigDataの活用が拡大するにつれ、ますます
注目される分析手法といえます。

【 Latent GOLDの製品モジュール 】
Latent GOLDは、Basicと2つのアドオンモジュールの組合せで構成されます。

(1) Latent GOLD Basic
3種類のモジュールで構成
・潜在クラス クラスタモデル:潜在クラス分析に基づく最先端のクラスタ分析。
・離散因子モデル (DFactor):離散因子モデルを使ったモジュールの提供。
・潜在クラス 回帰モデル:潜在クラス回帰モデルを用いた分析。

(2)Choice add-on
離散Choiceモデルの推定が可能。

(3) Adv / Syntax add-on
LG-方程式を含むシンタックスコマンド言語を搭載。潜在隠れマルコフモデルや
階層モデルなどより先進的なモデルも利用可能。


●Latent GOLDの製品情報は、下記サイトをご覧ください。
https://its.tos.co.jp/products/software/latent-gold/general/outline

●Latent GOLDの製品ロゴ、画面データは、下記よりダウンロードが可能です。
https://its.tos.co.jp/wp-content/themes/its-tos/Download/LatentGOLD_news
.zip


【製品リリースにあたってのエンドースメントコメント】

立教大学 経営学部 教授 山口 和範 様

この度、Latent GOLDが完全日本語化され発売されること、大変喜ばしく思います。
分類を基本とするモデル化のためのソフトウェアであるLatent GOLDは、その計算
の高速性や精度において、専門家の間で高い評価を受け続けています。

大規模化するデータから分類をベースとしたモデル化が求められる現在、日本の
ユーザーがフルスペックのLatent GOLDを使用できることは、とても有意義なこと
だと思います。

たくさんのユーザーに、その恩恵が共有されることを願っております。


東京大学 社会科学研究所 教授 三輪 哲 様

かの「Latent GOLD」の日本語版がついに出るとは。「Latent GOLD」とは、知る
人ぞ知る、潜在クラス分析用の統計ソフトウェアである。平易な操作性、軽快な
計算速度、手堅いアルゴリズムを備えた、優れものであるのは疑うべくもない。
学術研究からマーケティングリサーチまで、また探索的分析にも確証的分析にも、
これから大いに活躍することだろう。


【スリーワンシステムズ株式会社について】
本社:〒103-0001 中央区日本橋大伝馬町3番2号
代表者:代表取締役 坂本 仁
設立:昭和58年03月1日
資本金:1500万円
Tel:
URL:http://its.tos.co.jp/
事業内容:ソフトウェア販売事業、システム開発・WEB制作事業

【 お問い合わせ先 】
●読者お問い合わせ
スリーワンシステムズ株式会社 ITソリューション部
TEL:
Email:

●この記事に関するお問い合わせ
スリーワンシステムズ株式会社 ITソリューション部
TEL:
Email:

※Latent GOLDは、米国Statistical Innovations社の米国における登録商標です。



発行者について

スリーワンシステムズ株式会社

前へ | 次へ