ストレージ運用の内製化が可能なシンプルな環境を実現
性能・機能を大幅アップし、コストは約10%削減
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、総合検査会社の中外テクノス株式会社(本社:広島市、代表取締役 福馬 勝洋)が実施した全社仮想化基盤用ストレージ刷新プロジェクトにおいて、ネットワールドが扱う「Dell EMC Unity(以下Unity)」が採用され、本格稼働開始したことを発表します。

中外テクノスは、2012年に基幹系/情報系システムを全面仮想化しましたが、導入から5年以上が経過した仮想化基盤用ストレージを、性能・容量改善とIT投資の最適化のため刷新しました。
同社は、旧環境でもDell EMC製品を使用しており、5年間トラブルがなかったことから、Dell EMC製品の信頼性を評価し、Unityを導入しました。Unityの導入により、システムのレスポンスは以前より向上し、効率的に業務が行えるようになりました。またコストは10%ほど削減されており、業務効率化とコスト削減を同時に実現できたと高く評価されています。
同社は、今後業務プロセスを見直し、より最適なビジネス環境の実現を目指すとともに、クラウドとIoTを融合させた新サービス開発にも取り組んでおり、ネットワールドからの支援や提案に対して期待が寄せられています。


◆ 導入の背景と選定のポイント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「公共・都市」「輸送機・機械」「エネルギー・プラント」の3分野で事業を展開する中外テクノスは、社内インフラの整備・拡充にも積極的に取り組んでおり、業務サーバーの運用負担増大に対応するため、2012年にシステムを全面仮想化に踏み切りました。現在は、基幹系/情報系を問わず、ほぼ全ての社内業務システムがこの仮想化基盤上で稼働しています。そして今回、導入から5年以上経過した仮想化基盤用ストレージを、今後のビジネスを支える先進的な環境を実現することを目指して刷新しました。
ストレージ刷新にあたりテーマとなったのは、性能・容量の改善とIT投資の最適化でした。旧環境ではストレージとの接続が1Gbpsだったため、VMwareの「Storage vMotion」や大量データの移行などに時間がかかる点がネックになっていましたが、これを10Gbps化して、メンテナンス作業などの効率化を図り、さらに、今後のサーバー増加などにも対応できるよう容量に余裕を持たせたいと考えました。そして、要件を満たす費用対効果が高いソリューションとして「Dell EMC Unity」が選定されました。
Unityは、非常にコストパフォーマンスに優れたストレージで導入コストを押さえられることに加えて、管理画面はGUIベースで分かりやすく、パフォーマンス情報のモニタリングなども簡単に行えるなど、使いやすさも高く評価されました。


◆ 導入成果と今後の展開
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Unityによる新しいストレージ基盤は、2017年5月より本番稼働を開始し、2018年3月に2台目のUnityが導入されました。最初に導入したエントリーモデルの「Dell EMC Unity 300」は、内臓ディスクはHDDのみで、Unityのラインナップの中でも最もベーシックな構成ですが、必要なパフォーマンスは十分満たされています。中外テクノスは、各種の業務アプリケーションを自社開発しており、ユーザーの要望を取り入れてきたことで動作が重くなる傾向がありましたが、Unityの導入でシステムのレスポンスも以前より向上し、効率的に業務が行えるようになったことで性能面での不満は完全に解消されました。
2台目のUnityを導入する際の構築作業はすべて自社内で実施され、GUI画面により半日程度で作業が完了し、非常に扱いやすいストレージであることが証明されました。さらに、新しい環境では、Unityのソフトウェアバージョンである「Unity VSA」も、仮想サーバーのレプリケーション先として活用されています。

Unityの導入により、性能や機能を大幅にアップできた一方で、コストは逆に約10%減少しており、業務効率化とコスト削減を同時に実現できたことが高く評価されています。
また、Unityは各種の管理ツールやローカル保護、レプリケーションなどのソフトウェアなどがすべて標準装備となっているため、今後の新たなニーズにも追加コスト無しで対応できます。さらに、SSDを搭載すれば、自動階層化機能「FAST Cache/VP」なども利用可能となることから、今後、必要に応じて、これらの機能を活用していく計画です。

______________________
◆中外テクノス株式会社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.chugai-tec.co.jp/ 
創 業:1953年9月
資本金:4700万円
事業概要:公共・都市、輸送機・機械、エネルギー・プラントの3分野を柱とする総合検査会社

______________________
■ 株式会社ネットワールドについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.networld.co.jp/
株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャーのソリューション ディストリビューターとして、クラウド コンピューティング時代の企業IT基盤を変革する技術製品と関連サービスを提供しています。サーバー、ストレージやネットワーク、そしてアプリケーションやデスクトップの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャーのあるべき姿をリードしています。



発行者について

株式会社ネットワールド