スーパー銭湯いちの湯水戸店(茨城県水戸市)では、2017年12月22日(金)の冬至に合わせて、茨城県産の柚子を湯船に浮かべたお風呂「ぽかぽかゆず湯」を実施いたします。

 柚子湯は、冬至の日に柚子を浮かべたお風呂に入る習慣のことで、江戸時代から庶民に親しまれてきました。いちの湯水戸店では、12月22日(金)の冬至限定で実施いたします。今年は果実に加えて、時間限定で果汁を絞ったものをお風呂に投入し、より濃厚で香り豊かな柚子湯をお楽しみいただけます。
 柚子湯の由来は「健康であれば融通(ゆず)が効く」「湯治(冬至)」の語呂合わせだといわれ、無病息災を願っておこなわれてきたそうです。
柚子湯には血行促進効果があり、身体を温めることで風邪を予防するだけではなく、冷え性や肩こり、腰痛も和らげてくれるそうです。また果皮に含まれるビタミンCやクエン酸といった美肌成分が肌を滑らかにするほか、柚子の爽やかな香りが心身をリラックスさせてくれます。

ぜひ、一人でも多くのお客様に当店の「ぽかぽかゆず湯」を知っていただき、古くからの日本の習慣に触れ、健康や美容に役立てていただきたいと思い、この度リリースいたしました。宜しくお取り計らいのほどお願いいたします。



発行者について