「王女メディア」でブレイク、世界で活躍のカリスマダンサー俳優神ひろしが『神ひろしSHOWシーズン3 夢であいましょう』4月ライブで、「夢」をテーマに新たな人生の門出と旅立ちにミュージカルナンバーで応援エールを贈る!

 神ひろしは、第一部のバラエティショー「夢であいましょう」では、昭和歌謡のベストヒットの森田公一とトップギャランの「青春時代」に初挑戦。
 また、”ザ・ウィズ(THE WIZ)“より、『If You Believe(あなたが信じるなら)』にも初挑戦する。
 "ザ・ウィズ"は、1900年のライマン・フランク・ボームによる児童書『オズの魔法使い』を基に、チャーリー・スモールズなどの作詞作曲、ウィリアム・F・ブラウン脚本のミュージカル。1975年のブロードウェイ・プロダクションはトニー賞においてミュージカル作品賞を含む7部門を受賞。また、このミュージカルは全て黒人出演者による作品だった。

 第二部では神ひろしは、フレッド・アステア主演のショウ・ビジネスの世界を舞台としたミュージカル映画『バンド・ワゴン』から『ザッツ・エンターテイメント(That's Entertainment)』をメインに現代舞踊協会の理事長でダンサーの花輪洋治とミニミュージカルメドレーを披露する。
 この企画は神ひろしの「神ひろしSHOWシーズン3」の3月ライブの、話題のミュージカル映画『La La Land(ラ・ラ・ランド)』のクラシカル映画のオマージュである元ネタを披露挑戦した事が、ことの他好評だったことから、再度、昔のミュージカルの名曲を掘り起こして行こうと企画されたもの。

 神ひろしは、3月ライブで、『ラ・ラ・ランド』のデミアン・チャゼル監督がおそらくオマージュしたと思われるミュージカル映画ジーン・ケリー主演のミュージカル映画「雨に唄えば」や、『ラ・ラ・ランド』のミアとセバスチャンが輝く星を背景にダンスするシーンは「ムーラン・ルージュ」からのオマージュと気づき、「雨に唄えば」から『Singin' in the Rain』、「ムーラン・ルージュ」からは『Your Song』を初披露して、エンターティナーとして再度高い評価と賛同を呼んだ。

 今回の第二部を締めくくるナンバーは、これまた、神ひろしの初挑戦!「ラ・マンチャの男」から「見果てぬ夢」に初挑戦する。
 
 特筆すべき事は、神ひろしは更に、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)のセクシーソング”Toxic”を男バージョンで初挑戦!花輪洋治がこのシーンでは女性ダンサーに挑戦する。
 夢を追いかけて上京してきた家出少年神ひろしの「夢」の旅路は今もなお続いていると言う事かもしれない。
 
 夢を見れない厳しいこの時代!神ひろしの生き様と、「神ひろしSHOW シーズン3」の4月ライブでは、貴方の「夢見る力」を引き出してくれるに違いない。

 なお、ライブ終演後も、写真撮影や歓談タイムなど、リラックスした楽しい時間をお楽しみ頂きます。

■花輪洋治 プロフィール■
ダンサー。1970文部大臣賞、高松宮賞。
文化庁派遣にてアメリカ、ヨーロッパ研修。オーストラリア政府招聘など。現代舞踊協会理事長。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2017年『神ひろしShow シーズン3 夢であいましょう』ライブスケジュール】
 ■神ひろしSHOW 詳細:http://j28studio.com/archives/3051.html 
◎ 4月22日(土)・23日(日)
◎ 5月27日(土)・28日(日)
◎ 6月24日(土)・25日(日)
◎ 7月29日(土)・30日(日)
◎ 8月26日(土)・27日(日)
◎ 9月23日(土)・24日(日)
◎10月28日(土)・29日(日)
◎11月25日(土)・26日(日)
◎12月23日(土)・24日(日)

◆Hiro(神ひろし)の「バーレスク&ボーイレスクSHOW」◆
◎Hiro(神ひろし)の「バーレスク&ボーイレスクSHOW」 詳細
http://j28studio.com/archives/4726.html
Vol 3◎7月15日(日)
Vol 4◎12月10日(日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会場&ご予約■
◇J.28 スタジオ/ 03ー3369ー7486
(★お急ぎの場合★ )
◇Mail 
    (神ひろしへのメール)
◇〒160ー0023 東京都新宿区西新宿7ー2ー10 栄立新宿ビルB102
◎大江戸線『新宿西口駅』D5出口 早足の徒歩1分!
※駅出口を背中にして、右1分。サンクス、築地銀だこ(西新宿にハイボール酒場)と郵便局の間を右に曲がる。麺屋『武蔵』の並び。地下1階!
◎JR『新宿駅』西口出口 徒歩5分!
◎西武『新宿駅』徒歩3分!

【プロジェクト STUDIO J28(運営スタッフ)】
■かわらさきけんじ(芸術監督):
 

・西野バレエ団を皮切りに、東宝ミュージカルの『プロミセス・プロミセス』『屋根の上のバイオリン弾き』で活躍。


・劇団四季では『アプローズ』『ジーザスクライスト・スーパースター』の舞台に立つ。


・のち、独自なオリジナルミュージカルで活躍の神ひろしと演劇プロデューサーの妹尾芳文の3名で舞踊演劇団「カンパニーEAST」を結成。

・EASTの芸術監督に就任。
・1996年、1997年、1999年と、3度の海外ギリシャ・キプロスでのEASTの『王女メディア』(神ひろし主演)公演を、演出振付家としてオールスタンディングの成功と喝采に導く。
 http://j28studio.wix.com/east

■ 神ひろし(構成台本・映像):

ダンサー俳優・シンガー・演出振付家・Kindle作家。J28シアター代表。
・海外で「王女メディア」主演でブレイク! 
ニューヨークタイムズ(米国)、ガーディアン(英国)、スコッツマン(スコットランド)等世界最大の新聞で性別を超えた『クロスジェンダーなパフォーマー』「日本の現代女形」と絶賛される。
・2014年11月から、一年間のロングランを目指した「神ひろしSHOW」は、主演の神ひろしが、6月3日急性膵炎で緊急入院、手術して1ケ月の休演を余儀なくされたが、2015年11月29日(日)に楽日を迎え、一年間のロングランを達成、「新宿の新たな伝説」を作った。
・2016年12月には『神ひろしSHOWシーズン2』も一年間のロングラン達成。
日本語、英語、北京語、広東語を駆使する神ひろしは、このショーで、「日中バイリンガルシンガー」としても注目される。
・三島由紀夫の最後の装丁画家「村上芳正」氏やATGの葛井欣士郎氏等伝説の文化人が「ロックするセクシー男性ダンサー・俳優」として支持。
・著作「神ひろしのスピリチュアルダンス」で元祖スピリチュアルダンサーと呼ばれている。
・代表作:
『王女メディア』(原作:エウリピデス)
『ハムレット』(原作:シェイクスピア、芸術監督:かわらさきけんじ)
ミュージカル『モーリス』(原作:E・M・フォースター)
ミュージカル『どろろ』(原作:手塚治虫、台本演出振付:神ひろし)
ダンスオペラ『サロメ』(演出振付:池田瑞臣)
ダンスオペラ『ニジンスキー』(芸術監督:かわらさきけんじ)

●神ひろしAmazon著者セントラル:http://goo.gl/wu5KQq


●神ひろしのFacebook:https://www.facebook.com/dancerhiro

■妹尾芳文(プロデュース):
 

・劇団昴・石原プロを経て、SEOプロダクションを設立。

・映画化もされたE・M・フォスターの小説『モーリス』の日本に於ける世界で初の舞台化権を獲得、神ひろし主演で2度の上演
 

・又、2000年2月9日付けで、1999年の「日希修好百年祭」で、本場ギリシャでギリシャ悲劇『王女メディア』の約1ケ月に渡る公演を成した「カンパニーEAST」を代表して、国際親善功労者として、表彰状を授与される。
http://j28studio.wix.com/seopro



発行者について