世界で活躍のカリスマダンサー俳優「神(ジン)ひろし」が2017年1月より、新宿J28スタジオで【HIROカンパニー(神ひろしカンパニー)】を発足。
年齢性別国籍経験一切不問で、「花咲かせる」をモットーにステージに立ちたい人や、プレゼンやコミュニケーション能力のスキルを身につけたい参加メンバーを募集。
神ひろしが、ダンス・演劇・ヴォーカルを直接指導する。

 神ひろしは、ギリシャ悲劇『王女メディア』で、世界でブレイク!ニューヨークタイムズ(米国)・ガーディアン(英国)・スコッツマン(スコットランド)他、世界最大の新聞メディアに大きく掲載され注目を浴びた。
 また、著作「神ひろしのスピリチュアルダンス」(Amazonで、製本版・Kindle版発売中)で、「元祖スピリチュアルダンサー」とも呼ばれている。

 また、神ひろしはオリジナルミュージカルに拘り続け、ミュージカル『転生~僕は前世を覚えている~』・『絵士舞人(エジプト)の王子〜まるで映画かお芝居のように〜』・『春の雪~アンドロジーナス狂想曲・母親達の鎮魂歌』の「生まれ変わり三部作」と言われるミュージカルの代表作があるが、同時に映画化もされた美青年同士の禁断の美学と言われるE・M・フォースターの小説『モーリス』を世界で初のミュージカル化を成してセンセーショナルな話題を呼んだ他、手塚治虫氏の『どろろ』をこれまた世界で初のミュージカル化を成して賛否両論の話題を呼んだ経歴がある。
が、手塚治虫氏の『どろろ』のミュージカル化で、日本での活動の限界を感じた神ひろしは、舞踊演出家のかわらさきけんじ、演劇プロデューサーの妹尾芳文と組み、舞踊演劇団「カンパニーEAST(カンパニー イースト)」を結成。
 1996年には本場ギリシャでギリシャ悲劇『王女メディア』を主演。
翌年の97年には、なんと、キプロスの世界文化遺産『クリオン遺跡円形劇場』に東洋人初の登板を成してオールスタンディングの快挙を遂げた。
 また、ラルナカフェスティバルでは人気投票第1位を獲得、プロデュースの妹尾芳文がEASTを代表して、表彰状を授与されるに至った。
 そして、神ひろしは、2012年のニューヨーク (米国) ラ・ママ劇場での"Buddhaーブッダー" 主演まで、実に、16年の海外公演の実績を積み、2014年9月30日に「カンパニーEAST」を解散した。
 
 帰国後、神ひろしは「J・Dance東京Collection」と言うダンスフェスティバルの演出や振り付け等で活躍。
 2013年7月5日(金)〜9月29日(日)に弥生美術館で開催された《三島由紀夫の最後の装丁画家「村上芳正展」》で、村上氏が手弁当で手がけた上京当時の神ひろしのミュージカルのデビューパンフが発見され展覧された事がきっかけで、「ロックするセクシー男性ダンサー・俳優」として、画家村上芳正氏やATGの葛井欣士郎氏等伝説の文化人が支持した無名の若者が神ひろしであった事が今になって世間に知られる事になった。
更に、「神ひろし」の裏方への転身を引き止め、「新宿の新たな伝説をつくろう!」と呼びかけた海外公演のプロジェクトの「かわらさきけんじ」、「妹尾芳文」と、2014年11月から2015年の12月まで、一年間のロングランを目指した歌ありダンス有り、トーク有りのエンターテイメント「神ひろしSHOW」を新宿「J28シアター」(J28スタジオ)で開催!
 2016年の12月には「神ひろしSHOW・シーズン2」の一年間のロングランも達成する。
 神ひろしは「神ひろしSHOW」で、エンターティナーとしても認知され、日本語・英語・中国語を駆使して、新たに「日中バイリンガルシンガー」としても注目された。

 さて、今回発足される【HIRO COMPANY(ヒロ・カンパニー)】は、性別・年齢・経験・国籍一切不問。
「花咲かせる」をモットーに自分の才能を広げたい熱の有るメンバーを募集する。
「特にしばりはありません。いつでも参加できます。いつでも退所できます。」と言う事だが、参加メンバーは2017年の「神ひろしSHOW・シーズン3」に出演出来る可能性が高く、レッスンは、あらゆるダンス(ジャズ・ヒップホップ・バレエ)を、神ひろしに直接指導してもらえる他、演劇の基礎から、短時間で歌が歌えるまで指導してもらえる。
 また、必ずしも、【HIRO COMPANY(ヒロ・カンパニー)】に参加しなくても、神ひろしの個人レッスンを受講すると言う選択肢もある。
 が、人生は一度きり!世界で活躍のカリスマダンサー俳優神ひろしの【HIROカンパニー(神ひろしカンパニー)】か、個人レッスンに、貴方も参加挑戦してみては如何でしょうか?!

 パフォーマーを目指す人達はもちろん、ビジネスマンや、ダンスや歌を一度もやった事がない人まで、世界レベルのパフォーマーの神ひろしに触れ合う事で、新しい人生の一ページを開く事になるでしょう。
 
 なお、2017年の「神ひろしSHOW」シーズン3他、神ひろし関連のライブは下記決定している。
 
◆2017年『神ひろしShow シーズン3』ライブスケジュール◆
 ■神ひろしSHOW 詳細:http://j28studio.com/archives/3051.html 
◎ 1月28日(土)29日(日)
◎ 2月25日(土)26日(日)
◎ 3月25日(土)26日(日)
◎ 4月22日(土)23日(日)
◎ 5月27日(土)28日(日)
◎ 6月24日(土)25日(日)
◎ 7月29日(土)30日(日)
◎ 8月26日(土)27日(日)
◎ 9月23日(土)24日(日)
◎10月28日(土)29日(日)
◎11月25日(土)26日(日)
◎12月23日(土)24日(日)

◆Hiro(神ひろし)の「バーレスク&ボーイレスクSHOW」◆
◎Hiro(神ひろし)の「バーレスク&ボーイレスクSHOW」 詳細
http://j28studio.com/archives/4726.html
Vol 3◎7月15日(日)
Vol 4◎12月10日(日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【神ひろしカンパニー:HIRO Company—】メンバー募集詳細■
http://j28studio.com/instructor/hiroshi/hiroshi3

◇レッスン日・時間帯
●毎週(水)(金)
★昼レッスン:13時半~15時
★ 夜レッスン:18時半~20時
第2(土)(日)13時半~15時
※ 神ひろしのスケジュールで移動する日もあります。
◇【レツスン費】
◆入会金¥10.000
◆月謝制 ¥25.000円
◎お問い合わせ:

■【神ひろしの個人レッスン】受講者募集詳細■
http://j28studio.com/instructor/hiroshi/hiroshi2

◇レッスン日時
【時間帯】曜日・時間希望を受付ます。
(60分&80分レッスンの2種類)
◎通常:60分(1時間)のレッスン。
◎神ひろし関連のライブに出演する方:60分コースでもかまいませんが、80分コースをおすすめ致します。その時間内で、振り付け・Vocal指導・その他の質問にも対応させて頂きます。

◇レッスン費
●入会金¥10.000円
●1レッスン制
(1)60分レッスン ¥6.000
(2)90分レッスン ¥8.000
●月謝制(1回 80分)
◆月2回 ¥14.000
◆月4回 ¥26.000
◆月8回 ¥50.000
●ビジター(入会金なし):
◆1レッスン(60分)¥10.000
◆2人以上のグループレッスン(1名):¥8.000

■レッスン会場:J28スタジオ■
◇J.28 スタジオ/ 03ー3369ー7486
(★お急ぎの場合★ )
◇Mail 
    (神ひろしへのメール)
◇〒160ー0023 東京都新宿区西新宿7ー2ー10 栄立新宿ビルB102
◎大江戸線『新宿西口駅』D5出口徒歩1分!
※駅出口を背中にして、右1分。サンクス、築地銀だこ(西新宿にハイボール酒場)と郵便局の間を右に曲がる。麺屋『武蔵』の並び。地下1階!
◎JR『新宿駅』西口出口徒歩5分!
◎西武『新宿駅』徒歩3分!

【プロジェクト STUDIO J28(運営スタッフ)】
■かわらさきけんじ(芸術監督):
 

・西野バレエ団を皮切りに、東宝ミュージカルの『プロミセス・プロミセス』『屋根の上のバイオリン弾き』で活躍。


・劇団四季では『アプローズ』『ジーザスクライスト・スーパースター』の舞台に立つ。


・のち、独自なオリジナルミュージカルで活躍の神ひろしと演劇プロデューサーの妹尾芳文の3名で舞踊演劇団「カンパニーEAST」を結成。

・EASTの芸術監督に就任。
・1996年、1997年、1999年と、3度の海外ギリシャ・キプロスでのEASTの『王女メディア』(神ひろし主演)公演を、演出振付家としてオールスタンディングの成功と喝采に導く。
 http://j28studio.wix.com/east

■ 神ひろし(構成台本・映像):

ダンサー俳優・シンガー・演出振付家・Kindle作家。J28シアター代表。
・海外で「王女メディア」主演でブレイク! 
ニューヨークタイムズ(米国)、ガーディアン(英国)、スコッツマン(スコットランド)等世界最大の新聞で性別を超えた『クロスジェンダーなパフォーマー』「日本の現代女形」と絶賛される。
・2014年11月から、一年間のロングランを目指した「神ひろしSHOW」は、主演の神ひろしが、6月3日急性膵炎で緊急入院、手術して1ケ月の休演を余儀なくされたが、2015年11月29日(日)に楽日を迎え、一年間のロングランを達成、「新宿の新たな伝説」を作った。
・2016年12月には『神ひろしSHOWシーズン2』最終回を迎える。
日本語、英語、北京語、広東語を駆使する神ひろしは、このショーで、「日中バイリンガルシンガー」としても注目される。
・三島由紀夫の最後の装丁画家「村上芳正」氏やATGの葛井欣士郎氏等伝説の文化人が「ロックするセクシー男性ダンサー・俳優」として支持。
・著作「神ひろしのスピリチュアルダンス」で元祖スピリチュアルダンサーと呼ばれている。
・代表作:
『王女メディア』(原作:エウリピデス)
『ハムレット』(原作:シェイクスピア、芸術監督:かわらさきけんじ)
ミュージカル『モーリス』(原作:E・M・フォースター)
ミュージカル『どろろ』(原作:手塚治虫、台本演出振付:神ひろし)
ダンスオペラ『サロメ』(演出振付:池田瑞臣)
ダンスオペラ『ニジンスキー』(芸術監督:かわらさきけんじ)

●神ひろしAmazon著者セントラル:http://goo.gl/wu5KQq


●神ひろしのFacebook:https://www.facebook.com/dancerhiro
■妹尾芳文(プロデュース):
 

・劇団昴・石原プロを経て、SEOプロダクションを設立。

・映画化もされたE・M・フォスターの小説『モーリス』の日本に於ける世界で初の舞台化権を獲得、神ひろし主演で2度の上演
 

・又、2000年2月9日付けで、1999年の「日希修好百年祭」で、本場ギリシャでギリシャ悲劇『王女メディア』の約1ケ月に渡る公演を成した「カンパニーEAST」を代表して、国際親善功労者として、表彰状を授与される。
http://j28studio.wix.com/seopro



発行者について