ダイアモンドフォーメーション採用の革新的なスピーカースタンドStageや、画鋲で手軽に設置出来るルームチューニング材Watayuki/Aztecaシリーズなどで広く知られるオーディオメーカーKRYNAより、真空管の冷却用のアクセサリーとなるチューブラジエーターが発売される。

今回の製品は、ひだ状になっているメッシュを丸めて、円筒形にしたような形になっており、見るからに表面積が広く、放熱効果に優れていそうな外観だ。

使い方は簡単。
真空管のサイズに合わせて大きさを調整したチューブラジエーター本体に付属のOリングを取り付け、真空管の上からかぶせるだけ。

取扱説明書に記載されているサイズに調整すると、取り付ける真空管よりも一回り小さい形に仕上がるが、伸縮性のある素材を使用しているため、広げる様にして取り付ける事が可能だ。
ラジエーター本体の収縮力に加えOリングの方も収縮性のある素材のため、2重の力で真空管に密着し、真空管からの熱がチューブラジエーターに伝わりやすい構造になっている。

実際にアンプに取り付けてみると、全体的なノイズっぽさがきれいに取れ、ボーカルや各楽器の位置感が明瞭になるから驚きだ。
真空管の放熱→長寿命化というイメージを持って導入した人も、アンプが数ランクアップした程の圧倒的な効果に思わず唖然としてしまうに違いない。

なお、メーカーサイトに掲載されているレポート(協力:近畿大学工学部 西村公伸教授)では、サーモグラフィーによる真空管温度の測定結果のデータのほか、真空管内部のプレートの振動レベルのグラフなども掲載されている。
具体的な効果が気になる人は、そちらのデータを確認してみるのも良いだろう。


《仕様/価格》

TR-S(内径20×H33)
¥3,150(税込/1個)

TR-L(内径35×H55)
¥5,250(税込/1個)


●発売開始日:2012年11月10日(土)  

●製品紹介ページ
http://www.kryna.jp/product/tuberadiator.html

●オンラインストア
http://www.pluton.jp/
(実店舗では、KRYNA製品を比較試聴できるショールームも完備)

●主要製品ページ
<チューブラジエーター> http://www.pluton.jp/HTM/tuberadiator.html
<インシュレーター> http://www.pluton.jp/HTM/insulator.html
<スピーカーケーブル> http://www.pluton.jp/HTM/spca.html
<スピーカースタンド> http://www.pluton.jp/HTM/stage.html
<RCAケーブル> http://www.pluton.jp/HTM/inca.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お問い合わせ先】

KRYNA株式会社
〒194-0012 東京都町田市金森1156-1
TEL FAX
URL:http://www.kryna.jp/
Mail:
担当:松倉

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

KRYNA株式会社

前へ | 次へ
🗾 東京都