2022年12月2日  
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の産業用人工知能(AI)市場2022年-2031年:コンポーネント別(ハード、ソフト、サービス)、技術別(機械学習、自然言語処理、画像処理、その他)」調査資料の販売を2022年12月2日  に開始いたしました。産業用人工知能(AI)市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の産業用人工知能(AI)市場2022年-2031年:コンポーネント別(ハード、ソフト、サービス)、技術別(機械学習、自然言語処理、画像処理、その他)
■英文タイトル:Industrial Artificial Intelligence [AI] Market (Component: Hardware, Software, and Services; and Technology: Machine Learning, Natural Language Processing, Image Processing, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年11月16日  
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
産業用人工知能、または産業用AIは、製造業における移動と倉庫、サプライチェーン管理、高度な分析、および自動化とロボットなどの産業用アプリケーションにおけるAIの使用です。製造業におけるAIの導入の増加は、市場統計を促進すると予想されます。製造業者は、生産性を向上させるために、AIロボットなどのAIベースのソリューションを業務に使用することが進んでいます。
AIは、リアルタイムの対応を可能にするために、より優れた知的、推論、思考能力を提供するためにロボットに適用されています。これらのロボットは必要に応じて訓練することができ、あらゆる会話を行い、過去の詳細を思い出すことができる能力を備えています。

顧客や企業は、さまざまな用途で人工知能(AI)を採用するようになってきています。AIは、ヘルスケアや製薬、製造、金融、eコマース、輸送、旅行などの業界で幅広い関心を呼んでいます。大量のデータ蓄積により、製造業はAI導入のブルーオーシャン市場となりました。
AIは、生産プロセスを加速させ、企業に最高品質の成果を提供するのに役立ちます。製造業におけるインダストリー4.0導入の増加に伴い、工場最適化のためのAIに対する需要が高まっています。例えば、エアバスは航空機の新製品開発にインダストリー4.0を採用しました。例えば、Airbus社は航空機の新製品開発にインダストリー4.0を採用し、新しい航空機に追加コストが必要ないことを評価・検証するために人工知能技術を導入した。同様に、いくつかの組織は、製造業における自動化技術、デジタル化、および高度なAIアプリケーションの加速のための新たな戦略的開発への取り組みを強化しています。
製造業における産業用AIの導入は、精度の高い生産スピードの向上や人件費の削減といったメリットをもたらします。また、AIを活用したソリューションは、製品の不具合を最小限に抑えるのに役立ちます。AIを活用した製造ソリューションの導入は、プロセスの自動化を促進する可能性が高いため、企業はコストとダウンタイムの削減に役立つスマートなオペレーションを実現することができるようになります。
産業界では、より安全な職場を作り、業務効率を高めるために、製造工程でAIロボットを使用するケースが増えています。AIベースのソリューションは、製品の欠陥や品質・設計上の懸念事項を発見するために使用することができます。このように、製造業における人工知能(AI)導入の増加は、予測期間中、世界の産業用人工知能(AI)市場を活性化させると予想されます。

小売部門はダイナミックであり、顧客とのより良い関係だけでなく、俊敏性も求められます。そのため、小売業者は機械学習(ML)サービスを利用して、顧客に驚くべきショッピング体験を提供しています。一般的に、大規模な小売企業は、マーケティングに役立つインサイトを得るために分析コンサルティング会社を雇います。現在では、費用対効果の高いクラウドベースの機械学習サービスを利用できるため、小規模な小売業者もデータの力を活用して顧客を理解することができます。これにより、近い将来、市場進展のための有利な機会が生まれると予想されます。
AI、ML、モノのインターネット(IoT)の進歩は、小売部門のさまざまな部門に新たな地平を切り開きます。保管プロセスの自動化または倉庫プロセスの自動化、ルート監視、資材保管戦略、需要予測、顧客満足は、より良い市場成果を達成するためにこれらの技術を通じて適用される実践例です。
AIの導入は、コンピュータビジョン、音声/意味認識、ロボティクスなどの技術を活用し、小売業における顧客体験を向上させるのに役立ちます。AIの導入により、小売業における顧客からのクレームが減少し、売上が増加しました。このように、人工知能(AI)を活用したマーケティングは、従来のプロモーション方法を変え、予測期間中に市場拡大の機会を生み出すと予想されます。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/industrial-artificial-intelligence-ai-market-component-hardware-software/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社マーケットリサーチセンター

前へ | 次へ
🗾 東京都