2022年11月16日  
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の家庭用ロボット掃除機市場2022年-2031年:製品別(家庭用ロボット、屋外用ロボット)、充電タイプ別(手動充電、バッテリー充電)」調査資料の販売を2022年11月16日  に開始いたしました。家庭用ロボット掃除機市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の家庭用ロボット掃除機市場2022年-2031年:製品別(家庭用ロボット、屋外用ロボット)、充電タイプ別(手動充電、バッテリー充電)
■英文タイトル:Residential Robotic Vacuum Cleaner Market (Type: In-house Robot and Outdoor Robot; and Charging Type: Manual Charging and Battery Charging) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年11月2日  
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
ロボット掃除機は、ロボバックとも呼ばれ、家庭や中小企業、オフィスなどで床や雨どい、プールなどの清掃に使用されています。家庭用自動掃除ロボット、バッテリー、掃除システム、プログラミングソフトウェア、およびその他のコンポーネントでロボット掃除機ユニットが構成されています。ロボット掃除機は、洗練されたセンサーとセキュリティのために上部に設置されたカメラを使って、狭い場所や手の届きにくい場所を掃除することができます。
家庭用掃除ロボットは、洗車、落ち葉かき、洗濯物のたたみ・しまい、洗濯物の積み下ろしなど、さまざまな作業をこなすことができます。人間サイズの2本の腕を持つキッチンクリーナーは、様々なものを拾い上げ、残飯をゴミ箱に捨てたり、食器洗い機に入れたりすることができます。自動床掃除機は、床のホコリや小さなものを集めて移動します。また、障害物センサーや崖センサーを搭載し、空間を自動で移動することができます。

ロボット掃除機は、従来の直立型掃除機よりも小型で、重量も最も軽いキャニスター型掃除機よりも大幅に軽くなっています。ロボット掃除機には、Realme TechLife Robot Vacuum、Xiaomi Mi Robot Vacuum-Mop、Roborock S5 Max Robot Vacuum、iRobot Roomba 971 Vacuum Cleaning Robot、およびEcovacs Deebot 500 Robot Vacuum Cleanerなどがあり、健康被害に対する意識の高まりが、家庭用ロボット掃除機の普及を後押しすることになります。ペットを飼っている人は、ペットの周りの環境を衛生的に保つためにロボット掃除機を使うことが多くなっています。

ロボット掃除機のターゲット市場は、家庭用マンションや中小企業などです。家庭用掃除機には、レーザービジョン、ルームマッピング、ロボットによる自己充電などの高度な機能が搭載され、ユーザーに利便性を提供しています。スマート掃除機は、音声アシスタントやスケジュール掃除管理プログラムなどと統合されています。メーカー各社は、掃除機をある範囲内で運転し、ドックステーションに戻る自動運転システムを備えた斬新な製品を開発しています。また、これらの技術やモニタリングシステムも常にアップグレードされています。2021年4月  、ECOVACS ROBOTICSはシンガポールで「DEEBOT N8 PRO」を発売しました。このロボット掃除機は、ECOVACSの3D障害物検知・回避技術TrueDetect、レーザーベースのマッピング技術TrueMapping、ナビゲーション技術などを搭載しています。同様に、ダイソンは、上部にナビゲーション用の360°カメラを搭載した「Dyson 360」を提供しています。家庭用ロボット掃除機市場のプレーヤーは、遠心分離作用に基づくマルチパフォーマンスの掃除機も製造しています。これらのクリーナーは、家庭の清掃における運用コストやダウンタイムを削減します。

都市人口の増加とスマートシティへの投資の増加が、予測期間中に世界の家庭用ロボット掃除機市場を推進すると思われます。ライフスタイルの変化、忙しい仕事のスケジュール、家事をする時間の不足も、家庭用ロボット掃除機の採用を後押ししています。ロボット掃除機は、そのマルチタスク能力により、家庭用掃除機や家庭用フーバーよりも牽引力を増しています。ロボット掃除機は、掃除機とモップを同時にかけることができるため、掃除用とモップ用に別々の製品を用意する必要がありません。また、タイルや大理石、御影石、木材など、あらゆる床材に対応しています。

家庭用ロボット掃除機の世界市場は、操作モードの点でセルフモードとリモコンに二分されます。セルフモードは人間の干渉を受けず自動で動作するのに対し、リモコン型は人間が操作する必要があります。リモコン型は世界市場に最も貢献しているものの、予測期間中はセルフモード型に比べて緩やかな成長に留まると予想されます。

家庭用ロボット掃除機の世界市場は、タイプ別に、家庭用ロボットと屋外用ロボットに区分されます。予測期間中は、家庭用ロボットセグメントが市場の主要なシェアを占めると予想されます。これは、世界中の家庭内清掃用途でロボット掃除機の採用が増加していることに起因しています。

充電タイプ別に見ると、家庭用ロボット掃除機の世界市場は、手動充電とバッテリー充電に分類されます。予測期間中は、バッテリー充電のセグメントが世界市場を支配すると予想されます。ロボット掃除機は、手動充電で人間の相互作用によって充電されます。バッテリー充電では、ロボット掃除機は、必要なときに充電のためのドックステーションに取得します。

2021年の家庭用ロボット掃除機の世界市場は、北米が圧倒的に多く、次いで欧州が多く、可処分所得の上昇と自律型ホームシステムの採用増加が、これらの地域の市場を牽引しています。アジア太平洋地域の市場は、同地域の都市人口の急増により、予測期間中に大きな成長を遂げる可能性が高いです。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/residential-robotic-vacuum-cleaner-market-type-in-house-robot-and-outdoor-robot-and-charging-type/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社マーケットリサーチセンター

前へ | 次へ
🗾 東京都