特殊車両のICTソリューションを提供する株式会社TCI(本社:大阪市淀川区、代表取締役:尾﨑俊行、以下「TCI」)は、クレーン車両向けの工事不要のワイヤレスカメラ(CMBC-0001)をクレーン車への導入を促進するキャンペーンとして、2022年9月1日(木)  から2022年9月30日(金)  まで期間限定特別価格での販売を行います。

当製品は、現場作業でクレーン車両を利用する操縦者の死角補助をはじめとする、さまざまな用途でご使用いただけます。クレーン操縦時のの死角は、大きな事故を引き起こすリスクになります。クレーンは基本的に吊り上げなど、高所での作業において活躍する機械ですが、高所作業となると、操縦者の目視ではどうしても視認性が悪くなってしまいます。もし、そこに補助カメラがあったとすれば、操縦者にとってかなり効率的ではないでしょうか。

〇クレーンの性質によるカメラ導入の障壁

クレーンはその性質上、アームやフックは可動したり、長さがあるため、カメラの取付は困難です。
では、ワイヤレスでつなげればいいのでは?そう思いますよね。
そんなワイヤレスカメラにも盲点があります。
世の中に出回っているワイヤレスカメラの多くは、ワイヤレスと謳っていながらも、カメラの電源作業が必要で、結局は配線作業をしなければなりません。
つまり、カメラの電源を取ってくる配線作業が必要になるのです。

それでいて、モニターとカメラの垂直方向の電波の伝送距離も確保する必要があります。
これはなかなか非現実的ですよね。
ではそういった補助カメラはあきらめるしかないのでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。

〇強力なネオジム磁石による取付方法

当製品のカメラおよびモバイルバッテリーには、強力なネオジム磁石が搭載されており、車両の鉄の部分であればどんな位置にも取り付けることが可能です。取付位置が自由であることから、あらゆるシーンに対応することができます。

〇振り子ステーで常に垂直下方向を確認

当製品は、専用の振り子ステーを用いることで、ブームの角度が変化しても常に垂直下方向を見続けることができます。カメラ本体の重さによって、振り子が回転し、常にカメラは下方向を向きます。振り子ステーも強力なネオジム磁石によって取り付けることが可能です。また、逆にカメラの方向を固定したい方向けに、固定タイプのネオジム磁石台座も同梱されております。

〇強く安全な電波性能

CMBC-0001の最大通信距離は約70mとなっており、安定通信距離は約50mです。また、当製品は技術基準適合証明を取得しているため、確かな伝送距離を保証しつつ、総務省の認可が下りている本製品を使用することで電波法に違反することとは一切ありません。
無線機器の使用の申請の必要な現場であっても問題なくご使用いただけます。

〇夜間の視認性

当製品には赤外線IRランプを8個搭載しており、夜間でも十分な視認性を保ちます。また、カメラに内蔵されたマイクから外部の音声を取得し、モニターから出力することも可能なので、目と耳で安全確認を行うことができます。

〇モニターはシガーソケットから給電

CMBC-0001の専用モニターは車両のシガーソケットから電源を取得することができます。12V車、24V車両方の電圧に対応しており、汎用的に車両に設置可能です。

〇製品仕様

【カメラ】
電源取得先:モバイルバッテリー
取付方法:マグネット設置(ネオジム磁石)
防塵防水規格:IP67取得
通信距離:約70m(※通信が良好な環境で遮蔽物がなくカメラとモニターが水平な位置にある場合)
画角:水平/150°、垂直/120°
サイズ:76(W)×47(H)×42(D)mm
重量:約210g

【バッテリー】
取付方法:マグネット設置(ネオジム磁石)
防塵防水規格:IP69K取得
充電方法:USB端子ケーブルを電源アダプタに接続
稼働時間:約17.5時間
充電時間:約8時間

【モニター】
電源取得先:シガーソケット
取付方法:マウントブラケット(両面テープ)/クランプ/ルームミラー天吊り
動作電圧:DC10~24V
画面サイズ:7インチ
チャンネル数:1

〇キャンペーン概要

商品名:CMBC-0001 SET(CRANE CAMERA series)
期間:2022年9月1日(木)  ~2022年9月30日(金)  
価格:149,800円(税別)
※取付工事不要で、お客様にて簡単に取り付けできる商品です。

【お問い合わせ】
企業名:株式会社TCI
TEL:
URL:https://www.tci-car-item.com/contact

ホームページ:https://www.tci-car-item.com
製品ページ:https://www.tci-car-item.com/cmbc-0001
メール:

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

前へ | 次へ