制作に4年の歳月を費やし満を持して完成した長編ドキュメンタリー映画『動物愛護法』(116分/カラー/制作2017~2021/監督 北田直俊)が、今月5月23日(月)  、24日(火)の両日、衆議院第二議員会館にて無料上映が開催されます。

会場  衆議院第二議員会館 地下1階会議室(東京都千代田区永田町2-1-2)

日時  ●2022年5月23日(月)   第8会議室(定数66名)
    ●2022年5月24日(火)   第9会議室(定数24名)】

上映時間 (5月23日(月)  ・24日(火)ともに)
     ●1回目 11:00~13:00
     ● 2回目  13:30~15:30
     ● 3回目  16:00~18:00
≪監督は2日共に会場にいますので、ご鑑賞後の質疑はご遠慮なく
 お伺いください。≫
●予告編 


【映画 動物愛護法】
欺瞞に満ちた動物愛護法の矛盾を炙り出す

2017年、埼玉県で起きた連続猫虐殺事件で逮捕された元税理士の男の裁判において下された判決は動物愛護法違反・執行猶予4年というあまりにも虚仮威しの茶番であった。
日本中を震撼させた残虐極まりない事件であり、犯人に対して厳罰を求める嘆願書が全国から22万筆以上も集まったにもかかわらずである。
現実社会と法曹界の乖離に疑問を抱いた監督が、4年の歳月を費やして、独自取材で様々な動物虐待犯と対峙し、その深層を突き止めるべく製作されたのが本作『動物愛護法』である。
だが取材を通じて見えてくるのは、皮肉にも虐待犯を守る為に作られたかのような動物愛護法という法律の矛盾で欺瞞に満ちた実像であった。

主催:衆議院議員 牧義男 : 合同会社adg-ethics 
協力:世界愛犬連盟WDA
【お問い合わせ先:
公式サイト http://www.adg-theater.com/animal-protection-law/

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

合同会社adg-ethics