2022年 2月 16日(水曜日)

Zabbix社(本社、Zabbix LLC:ラトビア共和国、代表取締役社長:
Alexei Vladishev (アレクセイ ウラジシェフ)、日本支社、Zabbix
Japan LLC:東京都港区、代表:寺島 広大)は、オープンソース監視
ソフトウェアZabbixの最新バージョンZabbix 6.0をリリースしました。

Zabbixはネットワーク・サーバー・ネットワーク機器・サービス・その他
のITリソースの監視・追跡を行うためのエンタープライズクラスのオープン
ソースのモニタリングソリューションです。

世界中の様々な業種や大小のシステムで、導入が進むZabbixの最新バージョン
Zabbix 6.0では、従来の監視方法だけに留まらず、開発チームや運用チームを
支援する要望の多かった機能を実装しました。ビジネスサービス監視やアノマ
リー検知とベースラインによる機械学習などの監視機能の強化、ネイティブな
HAクラスタ機能、ジオロケーションマップやユーザーインターフェースの改善、
その他セキュリティやパフォーマンスなど多数の機能強化を行いました。

Zabbix JapanはZabbix 6.0の新機能を紹介する無料のWebセミナーを
2/21(月) 12:00-13:00に実施します。以下のWebページから参加登録いただけます。
https://www.zabbix.com/jp/webinars

また、Zabbix社はZabbix 6.0のZabbix Enterpriseサポートを同日より開始いた
します。Zabbix 6.0のアプライアンス製品やトレーニングの開始は4月を予定
しています。また、4月よりZabbix Enterpriseサポートサービス加入者向けの
無償トレーニングサービスの開始を予定しています。リリースやサービスの
開始時には弊社Webサイト上またはプレスリリースにてご案内いたします。


■Zabbix 6.0の新機能と改善点

[ビジネスサービス監視]
従来からの「サービス」監視機能を大幅に強化し、ビジネスレベルのサービス
の稼働状況の監視を実現できます。この新しいビジネスサービス監視(BSM)
機能は、柔軟な条件設定、新しい計算ロジック、改善されたUIデザインを
組み合わせ、エンドユーザーがビジネスサービスの監視、根本原因の分析、
ビジネスSLAレベルの監視などを行うために必要な機能を提供します。

[ZabbixサーバのネイティブなHAクラスタ機能]
ZabbixサーバーのHAクラスタ機能により、外部ツールを使わずにZabbixサーバー
の冗長構成を構築することが可能です。1台または複数のスタンバイノード設定を
することが可能です。ハードウェア障害時や計画的なメンテナンス時のダウン
タイムを回避できます。

[機械学習]
新たなベースライン監視とアノマリー検知のトレンド関数機能により、静的な
閾値での障害検知に頼るのではなく、過去のデータを利用して動的な方法で
障害を検知できます。

[Kubernetesの監視]
Kubernetesの監視機能と設定を標準搭載しました。これにより、コンテナや
コンテナオーケストレーションを利用している環境をすぐに監視可能です。
Kubernetesノード、Podの自動検出と監視機能を有し、Kubernetesインフラ
ストラクチャを複数の視点から監視できるようになりました。

[監視データの収集と可視化の改善]
新しいテンプレートとして、Dell、Cisco、F5、Cloudflareなど、よく利用されて
いるベンダー機器のテンプレートを追加しました。また、データ収集の改善に
加え、収集したデータを可視化する新機能を追加しています。ジオロケーション
マップにより地理的なマップを作成し、そこに監視対象のホストと障害を地図上
に表示して監視対象全体の状態を把握できます。また、ダッシュボードではトップN
およびボトムNのデータ概要、改良されたベクターグラフ、SLAステータスの表示
などの新しいウィジェットを利用できます。

Zabbix 6.0はLTS(Long Term Support)バージョンであり、Zabbix 5.2や5.4で
実装した機能を含みます。リリース後5年間のサポート(さらに延長サポートで
最長7年間)を提供します。長期サポート(LTS)リリース、Zabbix サポート
期間とリリースポリシーに関する詳細は、サポート期間とリリースポリシー
(https://www.zabbix.com/jp/life_cycle_and_release_policy)をご覧ください。

Zabbix 6.0ではその他にも様々な機能強化や新機能の追加を行っています。
詳細は下記のページから確認いただけます。
• Zabbix 6.0の新機能
https://www.zabbix.com/jp/whats_new_6_0
• What's New Zabbix6.0.0(Zabbix 6.0マニュアル内)
https://www.zabbix.com/documentation/6.0/en/manual/introduction/whatsnew600


■スクリーンショット
[Zabbix 6.0 ダッシュボード上のジオロケーションマップ]
*添付画像ファイル参照

■Zabbix 6.0のダウンロード
Zabbix 6.0はLTSリリースの安定版として5年間の長期サポートを提供し、全下位
バージョンのエージェントに対しても互換性を実現しています。長期サポート
(LTS)リリース、Zabbix サポート期間とリリースポリシーに関する詳細は
サポート期間とリリースポリシーをご覧ください。
(https://www.zabbix.com/jp/life_cycle_and_release_policy)

• Zabbix 6.0のダウンロード
https://www.zabbix.com/jp/download
• Zabbix 6.0 リリースノート
https://www.zabbix.com/jp/rn/rn6.0.0
• 機能概要とドキュメント
https://www.zabbix.com/documentation/6.0/en/manual/introduction/features

■Zabbix監視ソリューションについて
Zabbixは多数のサーバ、仮想マシン、ネットワーク機器、アプリケーション
から数百万の監視データを収集し、リアルタイム監視を実現するエンター
プライズクラスのオープンソースの監視ソリューションです。大規模環境
にも対応したパフォーマンスを持ち、正確な統計と性能情報を収集、分析、
可視化や、現在の状況や潜在的な問題を遅延なく通知する事が可能です。

• 軽量なエージェントによる監視、エージェントレス監視、プロキシ
による分散監視とZabbixサーバによる中央管理が可能にする拡張性
の高いアーキテクチャ
• ディスカバリによる自動監視設定:サーバやネットワーク機器などの
監視対象と、監視対象が搭載しているファイルシステム、ネットワーク
インターフェースなどを自動的に検知し監視設定を自動生成します
• シナリオベースのWeb監視機能による柔軟なWebアプリケーションの監視
• 豊富な監視機能を有し、かつスクリプトなどを利用した拡張的な監視
によりすべてのものを一元的に監視可能
• どこからでもアクセス可能なWebブラウザベースのインターフェース


ZabbixはオープンソースでGPL General Public Licenseのもと開発を行って
おり、商用、非商用に関わらず無料で利用が可能です。世界のほぼすべての
国のあらゆる業界で活発に利用されており、フォーチュン500社のうち50%
以上の企業で利用されています。

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

前へ | 次へ
🗾 東京都